本文へスキップ

メンタル心理 陽のあたる場所は、心のお悩みの根本的な解決を目指し、あなたに寄り添うカウンセリングルームです。

電話でのお問い合わせはTEL.055-288-0948

〒409-3867 山梨県中巨摩郡昭和町清水新居959-1


アダルトチルドレンについて

アダルトチルドレン(AC)

アダルトチルドレンは、略してACとも呼ばれます。

アダルトチルドレンの初期の意味は「アルコール依存症の親のもとで育ち、すでに成人した人々」
(Adult Children of Alcoholics, ACA, ACoA)を指す言葉で、1970年代アメリカの社会福祉援助などケースワークの現場の人たちから発生した概念です
(医学的な診断名ではありません)。

さまざまな変遷を経て、現在のアダルトチルドレンの概念は「機能不全家族で育った人」
(Adult Children of Disfunctional family, ACD, ACoD)へと広がっています。

アダルトチルドレンは、子どもにとって、一番安全で、一番安心な場所は、家庭です。
機能不全の家族のなかで育ち、そのためにさまざまな人間関係の問題や、生きづらさを感じている人たちのことです。

心の傷が生じています。心の傷が生じるということは、虐待が起こったと言うことです。
虐待の概念を、広義に取ってください。
そんな虐待は、行われていなかったと思う前に、ちょっと考えてみてください。
子どもの感受性は非常に敏感です。
身体的虐待は、躾(しつけ)と称して、お尻をたたくこと、長時間閉じ込められたり、寒い屋外に長時間ほり出されたことも含まれます。
精神的虐待は、言葉による暴力、恫喝される、無視される、否定される、自尊心を踏みにじる、
大事なものを捨てられるなどです。
また、過度な期待、子どもとしての役割以上の役割分担なども、結果的に、精神的虐待です。
性的虐待は、わいせつな行為をさせたり、見せることです。
異性の親が変な視線で見ること、お風呂で身体を洗うと称して嫌がることをすることも含みます。


機能不全家庭
  • 身体的虐待があった。
  • 性的虐待があった。
  • 精神的虐待があった。
  • 家庭内が不和であった。
  • 家庭内に怒りの爆発がよくあった。
  • 愛情が欠如した寂しい家庭であった。
  • 人格や尊厳が否定されるような行動や言葉がある家庭であった。
  • 傷つく言葉を言われる家庭であった。
  • 罪の意識をうえつけられる家庭であった。
  • なんらかの脅しがある家庭であった。
  • 家庭内でおこっていることを外で話さないように言われる家庭であった。
  • 見捨てられることを言われる家庭であった。
  • 他人や兄弟姉妹とたびたび比較される家庭であった。
  • 親の思い通りに制御される家庭であった。
  • 親の期待が大きすぎる家庭であった。
  • 他人の目を気にする、表面だけよくふるまう家庭であった。
  • 多くの秘密がある家庭であった。
  • 容姿をからかわれることがある家庭であった。
  • 自分の存在を否定された家庭であった。
  • 依存症や共依存の者がいる家庭であった。
  • 家庭内ルールに一貫性がない家庭であった。  などが挙げられます。



    こちらも合わせてご覧ください。

    アダルトチルドレン回復の道のりは こちらのページより

    アダルトチルドレンとインナーチャイルドセラピー はこちらのページより





    幼少期におきた環境の不幸は、大人になってからも強く影響します。
    不健全な家庭で育ってしまった子供は、大人になってからも人間関係や
    その他、人生のあらゆる場面で生き辛さを感じてしまうのです。

    アダルトチルドレンの方たちは、誰かの所為にすることができず、自分が全て抱え込んでしまうしかなかったのです。

    人の所為にすることはいけないことだといいますが、アダルトチルドレンの方は、自分の所為ではなかった事を認めることが大切です。

    そして、誰よりも自分を愛し大切にすることが改善に繋がっていきます。

    傷ついたインナーチャイルドを癒したり、間違った思い込みを解いてあげる事が必要です。

    私自身がアダルトチルドレンでした。
    人間関係はもちろん。生きていることに罪悪感もありました。
    そんな絶望の状態から、乗り越え自分の人生を取り戻しました。

    アダルトチルドレンは改善に時間が掛かるといいます。
    ですが、必ずあなたの人生を取り戻せるのです。


カウンセリングのご予約・お問い合わせは
お電話055-288-0948
フォームにてお待ちしております