ネガティブな気持ちをいち早く解消する方法

全くネガティブがない世界は幸せなのか?

もし全く悩みも苦しみも悲しみも辛さも…なーんにもネガティブがなくなったらどうなると思いますか?

幸せな時間を過ごせる。
満たされた日々を送れる。
最高な日々… そう思いますよね。

私もそう思っていました。でも、違うそうです。
人は全くネガティブのない状態になると幸せや楽しさや喜びなどのポジティブも感じなくなるそうなんです。

これが右があるから左の状態です。右というものが無ければ左も真ん中も知ることが出来ない。
山がなければ谷も平も知ることが出来ない。
上が無ければ下も中間もない。
光は闇がなければ光を知ることが出来ない。

逆の状態がなければ、何も知ることは出来ないんです。

だから、自分にとって嫌な状態っていうのは、ギフトでもあるんです。という事は!

悩みがある事は実は喜びがあると知っているという事ですよね。

潜在意識は体の反応として現れるそうですが、見えないのではなく見えるものなんです。
そして、意識は考えや言葉になるので見えないそうなんです。

面白いですね。普段自分が認識出来るものは見ることが出来ず、認識できないものは見ることが出来る。

緊張している時の体は固くなる。喉が締まる。こんな風に体の反応に出てくる。だから人からも見えるし認識できますものね。私たちは普段見えないものを信じることが出来ない。

でも、本当はちゃんと見ていて確認しているのかも知れないな~と思いました。

逆のものは逆のものを知るためのギフト…ネガティブはポジティブを知るため。
そう考えたら、人間が悩みがなくなることはない。んだと思うんです。

それを受け容れられたら…当たり前なんだ!と思えたら、悩みはシンプルになるのかも知れない。

悩みは元々はとてもシンプル例えば、恋人に振られて悲しいとして…恋人に振られて悲しい。そんな悲しんでいる自分が嫌だ!早く元気にならなくちゃ!なんて、ネガティブな自分を嫌うから、余計な悩みが生まれてしまう。

悲しみ+嫌悪感+不安感になってしまう。

シンプルに悲しみだったハズが、沢山ネガティブが増えて、ネガティブが大きくなってしまう。

これがきっと本当に皆さんが思うネガティブなんじゃないかな?って思ったんです。

全てが経験なら、シンプルに悲しめば良かった。んですよね。

わぁーーーん!!好きな人と一緒に居られなくて悲しいよ~好きな人と遊べなくて悲しいよ~寂しいよ~!って。

これがとっても上手な人たちが居ます。誰だと思います?

そうです!子どもたちです!

だから3歳児のうつ病って聞いたことがないんですよね。

私達はそういう素直な表現を制限されたり、抑圧されたりしてきた経験から、余計な苦しみが生まれて生きづらくなってしまっている。だったら、自分でいいよ。って赦してあげたらいいんですよね。

泣いていいよ。悲しい時は泣いていいんだよ。悲しかったね~~!って、自分に寄り添い共感してあげられたら、悩みはシンプルに戻っていきますよね。

ネガティブをありのまま受け容れられない時、何が起きてるのか?

頭で分かっていても、そう出来ない。そういう方が大半なんじゃないでしょうか?

大人が大泣きするのは恥ずかしい!
大人なのに自分の感情をコントロール出来ないのは、みっともない!
こんなことで悲しんでいる自分が惨めに感じる。
悲しむことは自分が弱いからだ!などなど…

色々な理由を付けて、本当の感情を抑え込んでしまう。

そんなあなたも本当に小さな頃は、ちゃんと感情を表現出来ていたはずですよね。

あなたが泣いている時、ネガティブな感情を感じている時…
誰かに否定される言葉を掛けられた経験がありませんか?

泣くのは止めなさい!
うるさい!
そんなことで泣かないの!
すぐ泣く!!!などなど…

泣くことやネガティブな状態を、否定されると、そう感じている自分が間違っているんだ!と思いこんでしまうのです。

こうして、過去の誰かの否定的な言葉によって、自分の本当の感情や思いは抑圧されてしまうのです。

大抵は親なんですが…いじめに遭った場合など、友だちとの関係からも、こうした抑圧は生まれてしまいます。という事は、過去の誰かに心の中を未だに支配されていて、未だに誰かの言うことを聞き続けながら生きているという事です。

辛いはずですよね…自分の人生なのに見えない誰かの支配を受け続けていたら…

ここで心理療法がお役に立ちます!

心理療法は時間を越えられる!

もう過去のこと…そう思われるかも知れませんが、ご存知ですか?私たちの今ある行動は過去のデータに基づいて決定されているのです。

例えば、今日買い物にいって洗剤を買うとします。手に取った洗剤を選んだのはどうしてでしょうか?

テレビコマーシャルでよく落ちる!と言っていた。
友だちがこれすごくいいよ!と言っていた。などなど…

過去に見聞きした情報をもとに選んでいる事がほとんどです。
過去の情報が今の自分の行動を選択してくれます。そして私たちは人間関係の中で生きているので、人から影響を受けて生きています。

幼い頃、虐待を受けて育つと人を信用するのが難しくなります。

もう何十年も前の出来事だというのにですよ?

その理由は、潜在意識には時間の感覚がありません。

何十年前だろうが…何百年前であろうが、潜在意識の中で怖い!と思ったものは、今の私たちに影響するんです。

じゃあ、どうしたらいいの?という事になりますよね。

私のところで施術させて頂いている心理療法では、催眠療法があります。

私の施術している催眠療法は、とても安全なものです。

なぜなら、記憶がなくなったり、身体が動かなくなったり、自分の意志とは違う事をしてしまったりすることはありません。

途中で「やめてください!」という事も出来ますし、目を開けてしまうことも出来ます。

ですが…潜在意識と繋がることが出来て、時間を超えて過去に戻り、自分の傷に気付き、癒すことが出来る。

本当に素晴らしい心理療法です。
過去に創られた誰かの自分とは違う価値観を外してあげて、ありのままにシンプルに感情や気持ちを感じられるように、自分を取り戻す事が可能になっていきます。

 

悩みを早く解決する方法は、悩みとなる出来事で1番はじめに感じた感情を、子どものようにありのまま受け容れて感じてしまうことです。

あなたにお逢い出来ることを、心よりお待ちしております。

代表カウンセラー 柳田 真見

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です