インナーチャイルド・ソリューション・セラピー

弊社独自のインナーチャイルドセラピーとは

インナーチャイルド・ソリューション・セラピーを日本語にすると内なる子供の改善心理療法です。
アイデンティティの確立は持って生まれた気質と12歳くらいまでの環境で決まります。
その12歳までに傷ついた経験が癒されていないと、大人になってからインナーチャイルドという傷ついた内なる子供が大人のあなたの生き辛さとなる行動を起こしてしまう事があります。

意識の力で何度も自分を変えようと努力しても変えられないのは、このインナーチャイルドの古い価値観が、未だにあなたを守ろうと古い価値観を使って強固に守り続けていることがあるからなのです。

  • 感情のコントロールが出来ない
  • 不安になりやすい
  • 生きるのがしんどい
  • 人に頼る事ができない・人に甘えられない
  • 本心を人に話す事が出来ない
  • 人生を諦めてしまっている
  • 人と深くつながる事が怖い
  • 人目を気にし過ぎてしてしまう
  • 感情麻痺・感情解離が起きて自分の感情を感じられない
  • 人に嫌われる恐れを感じやすい
  • 自分自身を信じられない
  • 人を信じられない
  • 存在自体に罪悪感を感じやすい
  • 自分が嫌い  など…

幼少期の価値観や親から受けた影響で、自分らしさを抑圧しなくてはいけなかったり、十分な愛情を貰えなかったことで愛情飢餓になってしまったり、自分を信じる事が出来ない事で自己愛の不足や自己評価の低さという事が起きてしまい生き辛さになってしまうのです。

インナーチャイルド・ソリューション・セラピー

具体的にどんな事をするのか、クライアントさんの例を挙げてご紹介したいと思います。

 ※クライアントさんの許可を得て掲載させて頂いております。プライバシー保護の為に一部変更している部分があります。

ご相談内容は「次から次へと起こる嫌な事のせいで、生きる事に疲れてしまった」という事でした。
カウンセリングをしながら、ある方法でこの方の自己評価を拝見させて頂くと…
「誰にも頼ってはいけない」
「こんなもんだ!と自分の幸せを諦めてしまっている」という事が分かりました。

催眠誘導をかけカウンセリングで聞かせて頂いた5歳くらいの時まで退行催眠を施術していきます。
「今どこにいらっしゃいますか?」という私の問いかけから、セラピーが始まりました。

『家の前の庭です』

「何をしているのですか?」
『うーん…困っています。私は家に入れて貰えない。夜遅くまで遊んでしまいカギが掛かっていて入れて貰えないんです』

「それは、不安ですね…」
『不安だし、家に入れてもらうためには怒られなくてはいけないので…それも嫌だな』

「どうなったら一番良かったですか?」
『迎えに来て欲しかった。』

「では、少し時を巻き戻してあげましょうね…あなたが時間を忘れるほど公園で遊びに夢中になってしまっているところまで時間を遡ってみましょう…」

『います…ブランコに乗っています。兄弟も一緒にいます』
「では、そこに現在の大人のあなたを登場させてあげましょう。そして一緒に帰ろう!と言ってあげましょうね」

『一緒に帰ります。少し驚いていましたが、お母さんに怒られるよ。というと急いで帰ろうと走ってきました。』

「あなたは、この子の面倒を見られますか?」
『もちろんです。でも、この子はお母さんが大好きなので自分を犠牲にしても離れようとはしません。もし無理やり引き離したら、逆に傷ついてしまう感じがします』

「では、お母さんから離したりしなくて大丈夫です。この子の助けになる事は出来ますか?」
『はい。もちろんなりたいです!時間通りに帰れて安心して笑顔です。私にありがとう!と言ってくれました。』

「素晴らしいですね。それでは、次の場面へ移って頂いても大丈夫ですよ。浮かんでくるイメージで大丈夫です」

『……このシーンは辛いです。どう助けてあげていいのか分からない。』

※クライアントさんにとって重要となる場面が出てきました。

「先ほどよりも助けてあげるのが難しいと感じていらっしゃるようですが…どんな理由からでしょうか?」
『あの…』と言いかけて泣き崩れてしまいました。

こんな時は私は無理に話させようとはせずに感情を感じるまま許可する言葉をかけて、待っています。

『あの…私この子を助ける事が出来ない。だって同じ目に我が子が遭ってしまったので…助けられる自信がないのです』
「そうだったんですね。それはとても傷つきましたね。大切なお子さんを守ってあげられなかった事を後悔していらっしゃる。そして、そう感じるという事は守ってあげたかったんですね」

『はい…はい…』

※ここでインナーチャイドセラピーから離れて、この問題を解決するために他のセラピーを併用しました。
大人になってからの罪悪感と後悔と悲しみが未解決で、幼少期の気持ちと、お子さんを守れなかった大人の気持ちとで身動きが取れなくなってしまっていたんです。

「今、このセラピーを終えて先ほどのインナーチャイルドをイメージするとどんな気持ちの変化がありますか?」
『私が守ります!何があってもこの子を守り抜く!そんな強い気持ちが湧いてきました!!」

そして、この方はインナーチャイルドの気持ちに寄り添う事が出来るようになり、セラピーが無事に終わりました。

「今回インナーチャイルド・ソリューション・セラピーを受けて気付いたことがあれば教えて頂けますか?」

『はい。沢山の気づきがあったんですが、一番大きな気づきは…私は幼い頃に望んでも叶わないと諦めてしまっていたんですが…本当は面倒をみてくれる存在が欲しかった。と認める事が出来た事で、頼ったり甘えたり、安心して自分のしたいことがしたい。という気持ちに気付く事が出来た事が大きかったです。なぜなら…我が家では、自分がされてきたように私は子供に無関心な面が多くあり、自分でやれるでしょ!と突き放して子供に接してしまっている事が分かりました。嫌だな!と私が感じる事は、子供からのサインだったんですね。自分を表現していいんだよ。と我が子にも私にも言える事で、ありのままの感情を感じ合える事が出来そうだと楽しみになりました。ありがとうございます!」

この方は自分の気持ちが幼少期の気持ちと大人になってから起きてしまったお子さんの事件から、自分を信じられなくなり、「誰にも頼ってはいけない」「こんなもんだ!と自分の幸せを諦めてしまっている」という価値観になってしまった事で、幼少期にあった「面倒を見て欲しい!」という本音が罪悪感により抑圧してしまい生き辛くなってしまっていたのです。
どちらも本当の自分の気持ちですから、大変お辛かった事でしょう。

こういった複雑なケースにも対応できるのがインナーチャイルド・ソリューション・セラピーの最大の良さです。

今まで改善できなかった心の傷を本当の癒しに導く!

他の所でインナーチャイルドセラピーを受けた事があるのですが、改善できませんでした。
あまり効果を感じられなくて…と仰る方も多くいらっしゃいます。

「どうして、改善できるのですか?」と質問を受ける事をが多いので、少し書いていきます。

私自身がインナーチャイルドセラピーを使って、トラウマ改善の為に100回以上自分と向き合ってきた事です。
そして、クライアントさんに10000回以上のインナーチャイルドセラピーの施術を通して、沢山の経験をさせて頂けたことで、様々なパターンに対応する事が可能になり、あらゆるお悩みを改善できる独自のセラピーを施術させて頂けるようになりました。

従来のインナーチャイルドセラピーでは、インナーチャイルドを癒すことが最大の目的になっておりましたが、古い価値観や思い込みの書き換えをする事と同時に、インナーチャイルドの癒しが出来る事が、インナーチャイルド・ソリューション・セラピーの最大の特徴です。

古い価値観や思い込みを書き換える事により、新しい自分らしい価値観に書き換わる事で、二度と同じ悩みで苦しむことが無くなります。

なぜならば、例えば先ほどの方の「誰にも頼ってはいけない」という古い価値観は、幼い頃に諦めざるを得なかった「面倒を見て欲しい!」という欲求があったからであり、その気持ちを大人の自分が満たしてあげる事により、「ありのままの自分を表現する喜び」という価値観に書き換わったことで、古い価値観が消滅してしまったのです。

このように古い価値観は現在の自分の生き辛さになっている事があり、まずはその古い価値観をカウンセリングなどを通して見つけ出し、インナーチャイルド・ソリューション・セラピーを施術し、古い価値観を完全に消滅することで本当の癒しと生きやすさに変化していきます。

 

お電話でのお問い合わせは 055-288-0948

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です