アダルトチルドレン・HSPとインナーチャイルドの関係

アダルトチルドレン・HSPの心の中にいるインナーチャイルド


アダルトチルドレンや※HSPは幼少期に自分を表現したり、ありのままの本音を感じる事すらも制限されてしまうようなことがあり、自分の感覚や気持ちなどを感じたり表現できず、自分を信じることが許されなかった経験を多くお持ちです。

そんな傷ついたインナーチャイルドがあなたの中で今も存在していて、生き辛さになっていたりします。自信を持つこととは、書いて字のごとく 自分を信じる事です。

普段は潜在意識にあるので意識できない恐れになっているかもしれませんが、そういった経験から幼少期に植え付けられてしまった「私は間違う」という価値観や「私は迷惑な存在なんだ…」というようなネガティブな価値観が現在の生き辛さとなる行動や思考を創り出してしまうのです。そんなネガティブな価値観を持ちながら人生を歩くということは、不安や恐怖を感じて当たり前だったと思います。ですが、その価値観にも過去の自分には役に立つあなたを守るための必要な価値観でした。環境が変わり、自分一人でも生きていく強い力を手に入れた後は、その古い価値観があなたを生きづらくしてしまうものになってしまっているのです。ですから、インナーチャイルドが学習してしまった価値観の書き換えや、傷ついた心をもう一度ご自身が望むものに学びなおしてあげる必要があるのです。

※HSPとは?と疑問を感じた方はこちらの記事を参考になさってみて下さい。
HSPは感受性が強いため。虐待などがない家庭に育っても、アダルトチルドレンのような生き辛さの症状がでてきてしまう事があります。

また、虐待や過酷な環境から人の気持ちを読むことを求められた方は、HSPの特徴などが出来てしまう事もあるのです。

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)

 

インナーチャイルドは大人のあなたよりも、今生きている現実に実は大きな影響を持っています。

インナーチャイルドは潜在意識の一部です。潜在意識と意識の割合は聞いたことがあるでしょうか?

その割合は意識3%に対して潜在意識97%とも言われております。その潜在意識に入り込んだ価値観を意識の力では書き換える事が大変難しいのです。

その証拠にあなたは自分を変えようと何度も努力してきたのに、変えられなくて苦しかったのではないでしょうか?

潜在意識は現在のあなたまでの過去のデータを保管しています。経験から得たデータを使って今どうするのが最善かという判断をしています。

潜在意識にいる「もう一人の私」こそ変わらなかった答えであり、あなたに大きな影響を与えてきたのです。

その存在はあなたを苦しめようとしているのではなく、古い価値観でありながらも、幼少期に学んだ経験を使って、様々な危険や嫌なことからあなたを今も守ろうと健気に存在し続けています。

幼少期にあった家族関係の中の自分の位置づけが、大人になってからそのまま再現されたように繰り返されたり、いつもこういう立場になる。こういう扱いを受けるという事が起こるのは、幼少期に叶えられなかった気持ちや思いを現在もやり遂げようとしているのかも知れません。あるいは、もう今のあなたは幼少期とは違う環境や違う人間関係の中で生活しているので、その価値観は必要なくなってきたからこそ、更なる幸せへのステップとして変わるときがきたサインとして苦しいと感じるようになったのかも知れません。

あなたが望む方向へ変わるには潜在意識の協力無くしては、どうあがいても難しい。その仕組みが理解できていないと、変われない自分を更に攻撃してしまったり、守ってくれている存在を嫌うことになってしまうのです。

 

インナーチャイルドとは


「過去の経験によって傷ついたままのあなたの心の中にいる内なる子供」です。 小さな子供は感受性がとても豊かです。 私も子育てをしていて感じますが、子供は私の笑顔が大好きなんだと感じることが沢山あります。
 
機能不全家庭で育ったアダルトチルドレンや人の気持ちに人一倍敏感なHSPは、両親を喜ばせようとして一生懸命だったため自分を優先させてもいい。自分は大切な存在なんだ!と学ぶ機会を得る事が出来ず、子供心に傷を負い、愛情不足を感じてしまいます。
その傷を抱えたまま大人になると様々な生きづらさを抱えてしまう事があります。
 
大人の環境では、自分を守るために各々、皆さん生きていますので、あなたを守る存在が一人も居ない状態や守り方を知らないで外に出ていかなくてはいけない状態です。
例えるならば、鎧も武器も何も持たない状態で、戦い方の訓練も受けずに、戦場で戦いに行くようなものです。
今まで少しの事でも、傷つきやすい自分に対して、自分を弱い!情けない!と感じてしまっていたのではないかと思いますが、実はそんな状態で外で戦っていたわけですから、逆に「本当によく頑張っていた!」という状態なんです。
 
子供は何でも自分のせいに感じる!という特性を持っています。大切な存在である親や周りの人が傷つくととても悲しい気持ちを感じ、どうにかその悲しみを癒そうと健気にその人を笑顔にしよう!と過去にその人が笑ってくれた事を探し色々なことをします。
例えば、お母さんが泣いているときに、優しくハンカチを持ってきて「ママ…泣かないで!私、もっともっとお手伝いするね!」という感じで、自分は全く悪くなくても、お母さんの笑顔をみたい! お母さんを悲しませたくない! 私が頑張ればきっとお母さんは喜んでくれる! と何の責任もないところでも子供は頑張ってしまうのです。
 
この程度の頑張りでしたら、どの家庭でも多少は経験することかも知れませんし、思いやりの心が育つ行為であるので全く問題がありませんが、アダルトチルドレンの家庭では、大きな問題を抱えていたり、虐待があったりすると、この健気な子供心は大きく傷つきます。またHSPは人一倍敏感ですから、お母さんの本音や本心に気付きやすく、お母さんの苦しさや痛みを大変よく理解してしまえるのです。
そのため「お母さんを笑わせたり期待に応えてあげられない私はとっても悪い子なんだ!」と自分を攻撃してしまう思考と「悪い子」という価値観ができあがってしまうのです。
人間関係での問題を抱える方は幼少期にとても傷つく経験をしている方が多く見られます。
そんな傷ついた小さな頃のあなたに大人になったあなた自身が逢いに行き、その子の傷を癒してあげ、古い価値観を書き換えてあげることで、この先のあなたがとても生きやすくなります。

 

インナーチャイルドセラピー


催眠療法というと何か怪しげなものをイメージされる方もいらっしゃるかもしれません。

私も、そんな不安を感じたのを覚えています。

当カウンセリングで行っているインナーチャイルドセラピーは、リラックスした状態で目を閉じて頂くだけです。

他に特別にあなたにしていただくことはありません。

あなたはセラピー中に起きている事を全てを覚えていますし意識がなくなることもありません。
当カウンセリングで行っている催眠療法では、目を閉じてリラックスしている感覚しかありません。
目を開けたければいつでも開ける事が出来ますし、外の音も聞こえますし、何が行われているか意識で分かっていますので、自分の意識がなくなったり催眠療法中の出来事を思い出せない!なんてことは絶対にありません。また、基本的には自分の意志で言葉を選んで頂きますので、カウンセラーが勝手な暗示を入れたりする事は絶対にありませんので、安心して受けて頂けます。

    1. リラックスできるように深呼吸したり、カウンセラーの声を聴きながら余計な体の力が抜け、リラックスした状態へと誘導していきます。
    2. 傷ついたままになっているインナーチャイルドにイメージの中で逢いにいきます。
    3. そして、怯えたり不安を感じたままになっているチャイルドを癒し、古い価値観の書き換えをしたりして、再生していくことをしていきます。

      (今、ご自身で古い価値観が何なのか分からなくてもカウンセリングを通して探していくので安心してくださいね)

      幼い頃、親に依存して生きる事しか出来なかったあなたは、今は大人になり自分の面倒は自分でみられるようになりました。

      インナーチャイルドと共にあなたが幸せになる為に自分で納得した答えを探してあげましょう。
      この時、解消できなかった思いや感情を解放してあげて、あなたの望む新しい価値観に書き換えを行っていきます。

全て、カウンセラーがあなたに合わせて誘導を行いますので、難しいことをして頂くことはありませんのでご安心ください。また、あなたが嫌なことや言いたくない事を無理に聞いたり言わせたりすることもございませんのでご安心ください。

 

インナーチャイルドは、あなたが来てくれるのを待っています。そしてあなたを信じているのです。

インナーチャイルドに逢った時に、感動して泣かれる方もいらっしゃるほど愛に満ちたセラピーです。

チャイルドに癒しをしたり仲直りをしている様子をそばで感じていると私も感動して涙が溢れて来そうになる事があります。

インナーチャイルドが癒され回復するとワンダーチャイルドになり、あなたの最大の味方であり、心強いパートナーにもなります。

 

誰かにしっかりと守られたり、確固たる愛情を受け安心して生活をしたかったインナーチャイルドは、大人のあなたを信じるということを覚え、愛され信頼されるという安心感を得て、新しい価値観を受け容れるようになっていけるのです。そして、そこから成長したインナーチャイルドは、あなたらしさを引き出すワンダーチャイルドに成長していきます。

 

インナーチャイルドから希望に満ちたワンダーチャイルドへ


一度傷ついたインナーチャイルドを再生し養育すると、素晴らしい創造的なエネルギーが顕れます。インナーチャイルドに対する想いがそのまま自分へのメッセージとして潜在意識に届きます。

大人のあなたが当時のあなたの面倒をみてあげたり、気持ちに寄り添ってあげる事で、今まで親に叶えてもらえなかった思いや果たす事が出来なかった気持ちや価値観が浄化し書き換わっていきます。

インナーチャイルドは、本当の思いや傷に気付いてくれ、助けてくれる存在を今でもあの頃のまま待っているのです。

あなたがそれに気づき、共に生きていく事で喜びや悲しみなどのプラスの感情もマイナスの感情も全てを感じてもいいという安心感の中で、インナーチャイルドとあるがままの感情を感じていく事で、味方のいない独りぼっちだと感じていた心に繋がりができるようになります。

その繋がりにより、インナーチャイルドはあなたを信頼する事を学び、あなたに色々な楽しさや喜びをインスピレーションとして提案してくれるようになってきます。

私はよく朝起きた時に「今日はどんな洋服を着ていったらいいと思う?」と心の中でチャイルドに聞くのですが、その問いかけ一つで心がワクワクして、朝からとても楽しい気持ちになります。

インナーチャイルドに出逢うことで「ありのままの自分を受け入れ 自分自身のままで生きて生きやすくなりやすくなります。」

日々インナーチャイルドと共に過ごすと、あなた自身もありのままのあなたに味方ができるようになるので、心細さや不安感などが軽減し、安心感や喜びなどの満たされた気持ちを自然に感じる事ができ、自分のインスピレーションが冴えて「本当にしたかった事」に気付けたり、今まで本来やりたい事以外に使っていたエネルギーを使えるようになり、やるべきことなどがスムーズに出来るようになるので、生き辛さや違和感…苦痛が消滅していくようになります。

 

アダルトチルドレンのお悩みで来られた方の体験談を掲載しております。
こちらも参考になさってみて下さい。

 

 
 

お電話でのお問い合わせは 055-288-0948