見捨てられ不安が強い原因

見捨てられ不安が強い原因


機能不全家族とは、家族の中に安心・安全がない状態の家庭であることをいいます。

機能不全家族は、親がアルコールや薬物依存症であったり、虐待(心理的・身体的・性的・育児放棄)
秘密があったり、暴力や暴言、浮気や金銭的な問題。離婚・再婚による不安定な精神的状態が
継続的に続きストレス状態が日常的にある状態の家庭の機能が上手く機能していない事を言います。

では、子供にとってなにが必要かというといつも変わらないことの安心感であったり、愛されていると感じられる親のスキンシップや言葉かけ、困ったときに助けてくれたりアドバイスをくれる言葉などの守られているという安心です。

親の都合や不幸で「おまえはいらない」と言われたり、「お前なんて生むんじゃなかった」などの精神的な言葉を一度言われただけでも、子供にとって親無しでは生きていけないので深く傷ついてしまいます。

そして、小さな子どもの特徴として、自分と相手との境界線がないためにお父さんとお母さんがケンカしているだけでも、「僕(私)のせいでケンカしているんだ」と考えてしまうんです。

そのまま放置された状態で幼少期の時代を過ごし大人になると相手との境界線が分からなくなったり、なんでも自分のせいや相手のせいにしてしまい生き辛さを感じてしまうようになります。

子供時代の経験がそのまま大人の私の価値観となり、私がいい子にしていないと家族がバラバラになってしまう。と怖れ人間関係に写し出され、愛情飢餓の状態で世間に出され、不安と恐怖の中歩いて行かなくてはいけないので、見捨てられ不安となり依存的になってしまったり、人と関わるのが極端に怖くなり人を避けるようになってしまったり、この感情から逃げたくて性の逸脱がおきたり、依存症になってしまったりします。

 

こどもの心はとても敏感です。大人のあなたが経験を積んで、そんなの気にしなくていい。と思うようなことでも、子供は自分の全てが親と共にあるんです。
何とか親を幸せにしてあげることで、自分を守ることしかできなかった幼少期は
まるで全く言葉の通じない国に連れ去られ自分を面倒見てくれる人がいて、それがどんな理不尽であろうが頼るしかない状態と同じではないかと思います。

こどもにとって親は自分の全てなのです。

 

では、機能不全で育ってしまった人たちはどうやって生き辛さを乗り越えていけばいいのでしょう。

 

 

大人のあなたは幼少期のあなたの最高最善の味方


ここで一番最初に理解して頂きたいことがあります。

幼少期の事が分かると自分の人生に絶望を感じたり親への怒りがこみあげてくると思いますが
そのことに人生を費やしてしまわないでください。

もちろん、怒ったり悲しんだり絶望を感じて大丈夫です。
でも、親を恨むことだけに人生を費やしてしまうとあなたの人生を結局歩けなくなってしまいます。

 

この時間・この期間は、思いっきり怒ったり悲しみを感じたり孤独を感じると決めて
それ以外の時間は、あなたが幸せになれることを一つでも多く探してあげましょうね。

下記に改善の方法を載せておきますが、自分では乗り越えられない。問題大きすぎると感じる場合には決して一人では行わないで、専門家に頼りましょう。
※虐待(精神的・心理的・性的・育児放棄)の経験をお持ちの方は必ず専門家と一緒に行ってください

  1. 先ずリラックスできる場所で、横になるか座ります。
  2. 何度か深呼吸します。心が落ち着いたらゆっくりと自分のペースで目を閉じます。
  3. 幼少期に起きた怖かった出来事や悲しかった出来事を思い出し大人のあなたが客観視する。
  4. 大人のあなたから見て、幼少期をどんな風に感じるのかを素直に感じてみる
  5. 大人のあなたならどんな風にこの子を守ってあげたいか、どんな言葉かけをしたいかを考える。
  6. そっとイメージで幼少期のあなたのそばに寄り添い、辛さや寂しさ悲しさなどの我慢していた気持ちを共感していってあげる。
    「こんな辛いとことで独りぼっちで怖かったね」「ずっと不安を抱えていたんだよね」
    「寂しい。って言いたかったよね」「もっと甘えたかったね」など…あなたの言葉できょうかんしてあげることが大切です。
  7. 3.で考えた 言ってあげたかった言葉やしてあげたいことをしてあげる。
  8. そっと抱きしめてあげて、生まれてきてくれた事に感謝する。
  9. 何度か深呼吸して気持ちを落ち着かせましょう。
  10. あなたのペースで目を開けます。

 

幼少期のご自身を労わり、愛してあげる事で、あなたの未来は変わっていきます。

 

もしかしたら、とても絶望感を感じたかも知れませんが、散々辛い思いをしてきて、大人のあなたまで幼少期のあなたを惨めに感じてしまったら、幼少期一生懸命生き抜いてきたあなたの努力を一番知っている素晴らしい理解者を失ってしまう。

立派だったね。もう我慢しなくていいよ。私と一緒に何が幸せか探していこう!

そんな風に幼少期を認めてあげられたら素敵ですね。
なにより、あなたが生きてきた足跡は本当に素晴らしいです。

 

カウンセリングは過去を思い出したり、抑圧した感情を出したりするところでもありますが、あなたが幸せになること一番大切にする場所です。

 

機能不全家族で育ったからダメではなく。

機能不全家族だったからこそ、あなたは沢山の経験をし、恐れや痛み・愛を知りました。その経験があったから生き辛さを感じたのも現実です。でも、その経験を乗り越えた強さと愛情が、あなたを今後も守ってくれることと私は信じています。

 

併せてこちらも参考にしてみて下さい

御予約・お問い合わせはこちらより


お電話でのお問い合わせは 055-288-0948