職場でのモラハラ カウンセリング体験談

職場でのモラハラ

 今までの自分は、確認が漏れる事や、作業のやり取りを忘れ、後ろを振り返る習慣がないために、作業が完了しないなど、確認漏れ、作業抜けによるミスが頻発していた。つまり、毎日余裕がなく、いつも焦っていたためにトラブルを繰り返していた。
 毎日のように指摘される日々で、自分でもミスを繰り返さない様に対策を考え、解決策をノートにまとめるなどして対策をしてきた。しかし、残念ながら現状を変える事は出来なかった。いつまでも同じミスを繰り返してしまう自分がとにかく悔しかった。
 努力しているのに結果が全く変わらない現実に対して「なんでこうなるのか?自分は一生懸命にやっているのに、結果が裏になってしまう、くそっ!なんでこうなってしまうのか!」と思っていた。
また、今まで通りに作業し、問題ないと思って過ごすが、実際には確認が漏れるなどしてミスになる現状に対し、「またやってしまった。なんでいつもこうなるのか?自分はダメだな」と思っていた。

 他人から指摘されて当時悩んでいたのは、①他人の指摘に対して、なぜか素直に聞くことが出来ず、内容も理解できない。②自分ではそんなつもりはないが、自分の気持ちが先行していまい、他人からの指摘を受け容れない。③反省しているように見えるが、いつまでも現状が変わらず(反省が生かされていないので)「反省しているふりをしている」といわれたこと。④自己主張が強く、他人の意見を理解しない。⑤自分の行動は間違っていないと思っている。⑥同じ問題を繰り返さないようにするために、具体的な解決策を考えろと言われたことである。

 当時の思考の悪循環は「自己主張が強い→自分のミスを認めない→自分は間違っていないと思い込む→しかし実際には、確認が漏れる事が多いので、トラブルになる→必要以上に怒られてしまい、気分が落ち込む→自分はこれ以上傷付きたくないと思い、自分のミスを隠してしまう」である。

 このように同じ問題が繰り返されてしまう現状について「ぼろい布切れを縫い付けているようだ」と考えた。生地がぼろいので、一度縫い付けたとしても別の箇所に穴が開き、そこを補修しようと、一生懸命に縫い付けても、また別の箇所に穴が開くように、いつまでも同じことを繰り返してしまう。現状が変わらないので「自分は何をやってもダメだ、どんな努力をしても結果を変える事は出来ないんだ」と思っていた。

 そしてこのままだと「ゼツメツ」すると思った。すなわち、このまま何も現状が変わらず、他人に理解してもらえないのならば、自分はもう存在することが出来なくなってしまうのではないかと考えた。つまり現状が変わらなければ、自分の存在理由、自分の居場所は無くなってしまうのではないかと考えた。

 このような苦しい現状から、何とか自分の現状を変えたいと思い、カウンセリングを受ける事にした。カウンセリングで初めて、自分の意識には顕在意識と潜在意識の 2つがある事を知り、そのうち意識している顕在意識と無意識の行為の潜在意識の割合が7%:93%であることに驚いた。

以前の自分は、いつもでも現状が変わらないので、自分自身が嫌になっていたし、あきれていた。他人からのプレッシャーと、いつもで同じミスを繰り返しているのか指摘されている上に、自分の内側に対して、まったく何も変わっていないじゃないかと、自分自身を攻撃していた。すなわち、自分の内側に対して、他人からも責められているうえ、自分からも責められているので、心が苦しくなっていったのである。そのため、自分の潜在意識は自分の心が傷つかない様に守るために、問題を直視せず、怒った問題に対して素直になれなかった。問題に向き合わなかった結果、いつまでも現状が変わらなかったのである。こうした問題がある事をカウンセリングを通して知ることができ、自分の潜在意識に向き合い、潜在意識を変えたいと思った。

 カウンセリングを受けたことで、自分でも気づかなかった本音に迫ることが出来た。また、自分でも気が付かなった自分の能力(とてもまっすぐで、素直で、誠実で、勉強熱心で、生真面目である素敵な性格)を見つけていただいた。そして、しきりに「あなたは本当によく頑張ってきた。よくこんな辛い状況を耐えて・乗り越えてきましたね。ノートに問題点をまとめること、根が生真面目であることから(精神的に)強いんですね」と認めていただいた。いままで、自分がこんなに肯定的に他の人から評価された経験がなかったので、驚いたが、非常にうれしかった。こんなにたくさん褒められ、認めて頂けたので、自分のやる気が上がった。

 また本当の問題は自分ではなく、上司にあると言っていただいたことも心強かった。そして、ひどい上司ですねと共感していただいたこと、あなたは悪くない、今のありのままの自分でいいんだよと心から自分を(他人目線から)認めて頂いたので、非常にうれしかった。つまり、問題の本質は自分にあるのではなく、上司の性格にあるといわれたのである。

 3回のカウンセリングを通じて、自分との向き合い方が分かった気がした。これからは、自分の気持ちに素直になり、自分の為に行動していきたい。そして、自己肯定感を高めるために、自分のポジティブな行いを評価し、自分で自分の行動をほめていきたい。
 3回のカウンセリングを受けて1カ月近くが過ぎようとしているが、明らかに改善で来ている事が実感できている。自己肯定感を高めたことで、作業中に以前指摘されたポイントを思い出しながら作業が出来るようになった。その結果、同じミスを繰り返しにくくなり、毎日のように怒られることもなくなった。また、後ろを振り返る事が習慣化できたので、確認漏れ・作業忘れによるトラブルが激減した。

 さらに、以前あんなに抵抗感を感じてきた苦手な人も抵抗がなくなり、普通に会話が出来るようになった。すると、苦手な人も最近私に対する態度が柔らかくなってきたような気がする。現在では、難しく思っていた人間関係も良好になった。

 現在の心境は「以前はなぜあんなにうまくいかなかったのだろう?」と思っている。まさか自己肯定感を高めるだけで、色々な問題が改善できるとは思わなかったので、驚いている。若干の苦しい日々に戻ってしまわないかと心配なところもあるが、苦しい日を乗り越えてきた現在の自分がいるので、その自分の強さを信じて、これからの日々を過ごしていきたいと思う。

 カウンセリング受けて、劇的に改善できたので嬉しいです。先生にありのままの自分を受け止めていただいて、自分の本当の自分を見つけて頂き、自分の能力を再発見することができました。本当にありがとうございました。

20代男性 R.Y様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です