LGBTカウンセリング

~山梨県 LGBT セクマイ セクシャルマイノリティー レズビアン ゲイ バイセクシャル パンセクシャル トランスジェンダー エックスジェンダー 生きづらさ解消 カウンセリング 山梨 長野 東京 全国対応~

山梨県でLGBT(セクマイ)のカウンセリングを受ける

山梨県や地方でLGBTの相談が出来るところが少なく、自分自身もそういう場所があれば…とずっと考えていました。経験者である私が一番求めていた場所であり、気持ちを分かってくれる場所があれば良いと感じていましたので、自分自身でその場所を作ろうと思ったのです。

山梨県では甲府に一店舗ゲイバーがあるだけで、二丁目らしい場所もありません。必然的に山梨の人達はSNSや都内まで出るか胸の内に秘めておくしか選択がない状況でした。私自身窮屈さや居場所のなさをずっと感じていました。同じ仲間に気持ちを吐き出す場所が欲しい、きっとセクマイの方達はそう思っている方が多いと思います。私もずっとそう思っていた一人で、ずっと求めてきていました。

元々はLGBTの人達の居場所になれるようなバーなどを出そうと考えていました、その第一歩として心理学を学びたいと思い養成講座を受けました。講座を受けて思ったのが、まずは傷ついてきた心のメンタルケアが先ではないのか?という考えでした。バーで仲間が出来たからといってその心は癒されるのか?きっとそうではないです。きっとストレートの方が想像しているよりも私達は傷つく出来事が沢山あったと思います。
自分自身で自分の事を責める事も沢山あったと思います、なぜ自分はこうなんだと何度も私も自分自身を否定したことがありました。ストレートがよかったと何度も何度も泣きながら思っていました。
ですが、責めたところで変わる訳も楽になることもありませんでした。それどころかますます辛くなっていきました。でもなかなか自分を責めたり、否定するのをやめようと思っても出来ることではありません。自分自身がカウンセリングを受けていくうちに辞めれたことだったのでまずは第一歩としてここから始めていこうと思いました。

 

LGBTの苦しさ

身体的性・性自認・性的指向(どんな性を好きになるか)・性表現(自分のありたい性)、この四つが性を決める観点があると考えられています。ですが、現在の日本では国籍で表わされているように男か女かと二分されています。性自認と身体的性、つまり自分の認知している性と身体構造上の性が一致している状態を今現在「当たり前」と考える意見がほとんどです。例えば女性は、男性を好きになるのが「当たり前」だというのはテレビなどを見ていても分かりますよね。

そういった「当たり前」がどんどん常識になっていき、今の日本では私達少数派の人達は異常だと罵られたり病気扱いされてしまう事が多々あるようになっていき多数派の異性愛者の方達のように堂々と自分の事について話せなくなってしまっているのが現状です。

そのことによって、少数派の人達は居場所がないように感じることや周りにバレてしまったらどうしようという恐れ、言いたいのに言えないもどかしさを感じていたり、受け入れてもらえない悲しさを感じていたり、それに絶望してしまっている方達も少なくはなく、生き辛さを感じている方がとても多いと思います。

実際、私自身も周りにカミングアウトをしたときには否定されてしまうんじゃないかと恐れを感じていました。→中塩 結祐プロフィール
「当たり前」がある事によって常識が大切にされてしまうこの日本ではなかなか自分を表現する事は難しいです。自分のセクシャル的な部分を隠して生きる事で安定した平和な日常でいられると思い、わざわざ他者に自分がLGBTだと公言する人は昔と比べて増えてきたとはいえ、やはり多くはなくほとんどの人が隠して生きています。ですが、自分を隠して生きるという事はとても辛く苦しい事です。
隠すという事は結局自分自身を押し殺し、自分自身に嘘を付いているみたいなものです。LGBTの人達はただでさえ居場所のなさを感じているのにそんな状況では余計に苦しくなっていってしまいますよね。

では、どうしたらいいのか・・・

答えはとても簡単です。
自分のありのままを自分自身が受け入れて、愛してあげればいいだけなのです。

他者に受け入れてもらいたい。と思う気持ちもあるのですが、それに重きを置いてしまうのは自己否定感になってしまっています。勿論誰かに受け入れてもらいたいという気持ちは誰でもあるものです。ですが、他人は変える事が出来ないのでそれで苦しんでいる場合どうする事も出来ないですよね。けれども自分自身はどうでしょうか?自分の事を一番理解してあげられるのは自分です。自分を受け入れ、愛すのは文字で見れば簡単なのですが実際にやってみると難しかったりするのです。当カウンセリングでは、そういった部分も受け入れていく心理療法やカウンセリングも当然ですが、それによって心が傷ついてしまった部分や自己否定感の根本的な心の問題にも向き合うカウンセリングをすることによって、更に生きやすく自分らしくありのままで生きていく事が可能になるので、併せて根本的な改善もお勧めしております。

ただその時の悩みだけを解決するだけではなく、今後の人生をありのままの姿で生きやすくなって頂けるようになってもらいたいと思っております。
私自身がそういったカウンセリングを受けた結果LGBTの自分も受け入れられるようになり、散々苦労していた恋愛も上手くいくようになり、ありのままの自分で生きられるようになった事でさらに心の自由と生きやすさと幸せを手に入れる事が出来たから言えることです。

異性愛者や性自認が身体的性と一致している方などには私達の気持ちはきっと全てを理解してもらう事は実際無理だと思います、では同じセクシャル的に問題を抱えている人同士なら全てが理解し合えるのか?きっとそれも無理です。セクシャルは細かく分けようとすると莫大な数になるそうです。
同じLGBT同士でも多少の違いは必ずあると思います、それを全てきっと理解し合えるのは難しい事ですが、まったく普通に生きている人に比べると気持ちが分かり合えるんじゃないでしょうか。
きっと似たような気持ちは沢山あると思います、少なからず人になかなか言えないことや周りからの批判を恐れた気持ちは私達なら一度は経験しているはずです。

地方ですと東京などの都会に比べて、LGBTのコミュニティなどがなく、余計に居場所のなさを感じることが多いと思います。
そのためだけに東京に上京しようかと私は考えたこともあるほどです。今の山梨では正直私達は肩身が狭いです、東京に行かなくて山梨でLGBTの人達がもっと生きやすいような居場所を自分自身の為にも今後作って行きたいな、と積極的に考えています。もっと私達が堂々と出来る場所が増えてきたらきっと、私達の生き辛さも変わって来ると思います。

まずは、堂々と生きれるようになる為の一歩として、自分自身を受け入れ、愛せるようになってみませんか?

あなたの生きやすいを一緒に考え寄り添いたい。そんな想いから自分自身の経験と知識を活かしたLGBT・恋愛専門カウンセリングをご用意してお待ちしております。

 

お電話でのお問い合わせは 055-288-0948

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です