なぜダメンズとばかりつきあってしまうの?

恋愛カウンセリングをしていく中で、「いつもダメンズばかりと付き合ってしまうんです」という悲痛な声をお聞きすることがあります。

ダメンズ=ダメなメンズの略語だそうですね。
ダメなメンズとはどんな男性の事をいうのでしょうか…




ダメンズの特徴

ダメンズと聞いてあなたはどんな男性を思い浮かべますか?

  • 暴力を振るう DV=ドメスティックバイオレンス
  • 暴言を吐いたり、否定的な事ばかりを言う
  • 性的な行為を無理強いする
  • ギャンブルやドラッグなどの依存の問題を抱えている
  • 借金などの金銭的な問題
  • 働かない
  • 家事や育児などを手伝わない
  • 浮気ばかりをする女性問題
  • 依存的・支配的で束縛や監視をする
  • 時間や約束を守れない
  • 嘘ばかりを吐く
  • 全てあなた任せで頼りない  など…

多かれ少なかれ、少しは先ほど挙げた特徴に引っ掛かってしまう事はあると思います。人間は完璧ではありませんものね。
問題はその程度がどれほどのものなのか。あなたは幸せなのか?が大切だと思います。
そしていつもダメンズばかりと付き合ってしまう裏に「共依存」という心の問題を抱えてしまっている場合があります。

共依存とダメンズの関係

え?私の問題なの?と思われた方もいらっしゃると思います。
そこで、一つ質問させて下さいね。

「あなたは幼い頃素直に親や大人に甘えられましたか?」

「私の幼少期と何の関係があるの?」と怒りたくなる気持ちを少し抑えて、先を読んでみて下さい。

幼少期甘えられなかった。親に頼る事が出来なかった。という方は、上手に甘えることや頼る事を学んで来ていません。
なんでも一人で頑張らなくてはいけなかったり、不安な事や困っているときにありのままの気持ちを受け止めてもらえなかったりすると、
「私は、自分のマイナスを見せると嫌われてしまう」と学び、自分の気持ちを抑え込んでしまい、無意識のうちに頑張りすぎてしまうようになってしまうのです。
そうなんです。怖いことに無意識のうちに我慢が当たり前になってしまうのです。

でも、私は彼に感情のコントロールが出来なくてすっごく怒りすぎているのに、我慢しているとは思えないです。

これも我慢しているからこそ起こるバランスが崩れた結果の行動なのです。

このくらい自分で出来る事だし。仕方ないよね。疲れているみたいだし、仕方ないよね。出来ないんだから。仕方ないよね、私がやった方が早いし。
仕方ないよね…といっぱい溜め込んでしまった感情が爆発してしまう。
それが感情のコントロールを失う原因なのです。








嫌われたくないから自信がなくなる

感情のコントロールを失って怒り狂ってしまい。自己嫌悪に陥ってしまったり、言い返す事が出来ずに我慢して黙り込んでしまったり。
なぜ、そんな事になってしまうのか分からなくなり、ますます自分不信になってしまいますよね。
一言でいうと「嫌われるのが怖い」からです。
でも、本当に嫌われたくなかったのは、幼い頃のあなたがお母さん・お父さんに思った感情です。

小さなころの事をイメージしてみて下さい。

あなたはとても寂しいと感じていて不安になっています。

あなたの親御さんはどんな風に接してくれると思いますか?

「寂しかったね。」と抱きしめてくれたでしょうか?

ありのままの感情を表現していいと知っている子供は、ネガティブな感情もポジティブな感情も、当たり前のように感じる事を許可することが出来ます。

アダルトチルドレンが、ダメンズとばかり付き合ってしまうのには、こういった心のデータが入ってしまっていることが原因になっているのです。

アダルトチルドレンについてはこちらのページを参考にしてください。

自分が我慢していれば捨てられない。
自分が我慢していれば愛される。
自分が我慢していれば上手くいく。

こういった価値観が「共依存」の問題につながってしまうのです。

共依存についてはこちらのページを参考にして下さい。

アダルトチルドレンの問題を解決することで、これまで自分を大切にする事が出来なかった為に、上手くいかなかった恋愛が改善された例をいくつも見てきました。

いつも恋愛が上手くいかない。ダメンズとばかり付き合ってしまう。という方は、心の奥に寂しさや役に立たないと嫌われるという心の問題を抱えているのかもしれません。


カウンセリングの御予約・お問い合わせはこちらより

お電話でのお問い合わせは 055-288-0948

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です