なぜ蛙化現象が起きてしまうのか

蛙化現象とは

蛙化現象、という言葉を皆さんは聞いたことあるでしょうか?私も最近知った言葉なのですが、若い子達の間では今とても有名な言葉でこの現象によって苦しんでいる人達が主に女性に多いと聞きました。ですが勿論女性に限らず男性も苦しんでいる方も居るみたいです。

蛙化現象とは、片思いやアプローチ中は相手のことが大好きで長所しか見えなかったのに、振り向いてくれたり、相手も自分に好意を持っていると分かった途端、今まで大好きだと思っていた相手に興味を失ったり、気持ち悪く感じたりすることを意味する言葉です。ほとんどの場合が相手に非がある事がないそうです。蛙化現象になった事がない人からすると理解が出来ない事が沢山あると思いますが、恋愛を楽しめない、自分でも理由がわからない・・・など多くの人の悩みの種となっています。

この蛙化現象という言葉はグリム童話の「カエルの王さま」から来ているそうですが、この物語との違いはカエルが王子様になりお姫様と結ばれる幸せなストーリーなのに対し、蛙化現象は王子様のように好きだった相手をカエルのように気持ち悪く感じ出してしまうという逆の現象になってしまうのです。

 

実際にどのように悩んでいるのか

この現象で実際に悩んでいるという方達にお話を聞かせて頂きました。

その方は恋愛に対して、両思いがゴールだと思ってしまっている可能性があるようで、相手の好意がこちらに向くとそれ以上、相手に対して興味がなくなってしまい、会話もしたくなくなってしまって今まで時間さえあればすぐ返していた連絡の返事もほとんどしなくなってしまうそうです。

それどころか、相手から向けられる好意や感情も、好きじゃない相手と付き合っている感覚がしてしまい全てが気持ち悪くなってしまう。そしてそれと同時に「自分は恋愛に向いていないのかもしれない・・・」という不安感や「自分は最低だ・・・」と自責の念に駆られてしまったり、相手に対して申し訳ないという強い罪悪感も持つのです。

「毎回恋愛に対してそうなってしまうのか?」と質問させてもらったのですが、

「蛙化現象が起きている時も相手と関わりたくなくなってしまうのですが、相手の事を好きだという気持ちが強すぎてしまうときも恐れ多くなってしまい、関わる事が出来なくなってしまう。相手が何かした。とか相手に問題があるのではなく、自分の心理状況によってその気持ちを何度も行き来してしまう。」と答えてくれました。

蛙化現象に苦しんでいる方達が全員同じ状況や感情ではないと思いますが、大抵の人が抱えてる感情は、相手の事や好意を気持ち悪く感じてしまう事で、そんな自分に対して罪悪感を抱えている事がとても多いみたいです。

 

なぜ蛙化現象になってしまうのか

では、蛙化現象になってしまう原因とはなんなのでしょうか?

「以前は普通に恋愛が出来ていたのに、元恋人と別れてから出来なくなってしまい蛙化現象が起きるようになってしまった」という方がとても多くいるみたいです。

蛙化現象に悩んでいる方の多くは「相手の望むいい子でいなければいけない」という価値観を持っています。

幼少期のトラウマなどによって、本当の自分は受け入れてもらえない。人に本当の自分を見せてはいけないという価値観で生きてきたけれど、「この人になら受け入れてもらえるかもしれない」と期待し、お付き合いをの中で、ありのままの自分を出してみるが、結局は何かの原因で別れる事になってしまい、別れた原因が自分のせいだと思ってしまっている事で、「やっぱり自分は受け入れてもらえないんだ・・・」 「自分のせいで愛されなかったんだ。」と深く傷ついてしまっているのです。

そして、次の恋愛をしてみるも「今度こそは受け入れてもらえるかな?」と心の奥底で期待していたが、ありのままの自分を出すと嫌われるんだと強く思っているので、自分を出さないようにして恋愛をするのですが、偽りの自分でいることが苦しくなってしまうので、相手からの好意を気持ち悪い。と変換してしまいその苦しさから離れようとしてしまいます。

蛙化現象を克服する為には、まず過去の「ありのままの自分が受け入れられなかった事」で傷ついた心を癒す事が第一歩となります。
よくネットなどの記事に「しばらく恋愛をやめてみるといい」と書かれていますが、結局また恋愛をし始めると同じ事の繰り返しになってしまう方が多くみられます。根本的な心の解決になっていないので、当たり前とも言えますよね。

次に必要なのは「本当の自分は駄目で人に受け入れてもらえない」という古い価値観を崩壊させ「本当の私にも価値がある」と書き換えをしてあげることです。そうする事で今までが嘘かのように一気に生きやすくなります。

今の自分が悪かったわけでも、恋人に問題があったわけでもありません。蛙化現象は受け容れて欲しい。ありのままで愛されたい!と願いながら、心の中で怯えているもう一人の自分があなたを守ろうとして起こしてしまっているだけなのです。。

私自身も長い事この蛙化現象に悩まされていました。この価値観を書き換えることが出来たことで、今は恋人を心の奥底から愛せれるようになりました。この現象で悩んでいる方は「結局誰にも愛されていない」と思っていると思います。でも、本当はずっと愛されていたのです。アナタがアナタらしく生きれるよう、そしてしっかりと愛を感じられるようになって幸せな人生を歩めますように・・・

当カウンセリングでは傷の癒しから価値観の書き換えまで出来る心理療法が御座います。一人一人に合ったカウンセリングをご用意致しますのでまずはお問い合わせください。

 

中塩 結佑

 

お電話でのお問い合わせは 055-288-0948

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です