不安感・焦燥感・孤独感などネガティブな感情の問題解決

ネガティブな感情と自己啓発本の罠

ネガティブな感情ってとても嫌ですよね。私も随分このネガティブな感情に支配された状態に苦しめられました。
心の仕組みを知ってから、この努力こそ心の罠だったんだと知りましたが、当時の私はそれこそネガティブを、いかにプラスにする為に沢山努力をしました。
自己啓発本を読むと、自分に対してプラスの言葉を掛けるアファメーションや、自己暗示を掛ける方法が載っていて、一生懸命取り組んでいました。でも、どうしても、不安になってしまったり孤独感に襲われてしまう。その度に「とことん自分はダメ人間なんだ!」と自分を責めていました。
実は、この自己啓発本の方法はとても有効な方法ではあります。
ただし!ある事が出来ていたら…という条件付けなのです。

その前に…あなたはネガティブな自分をどう感じますか?

「好きです!」と答える方は少ないですよね。
「気持ち悪い!」「見たくもない!」「感じようとする事すら嫌!」「消えてなくなれ!」

こんな答えが返ってくる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

鏡を見てその言葉を自分に言えますか?実際に言ってみてもいいかもしれません…

悲しくありませんか?
もし、無感情だったり、「その通りだ!」と感じてしまった方は、自己否定感がかなり強くなってしまっています。

自己否定する事に慣れてしまった。あるいはとても辛い経験から愛される価値がないと感じてしまっている。
そんな状態です。インナーチャイルドがとても傷つき怯えている。

そして、その場合はまずは自分を愛する事を知る事から始めなければ、どんなプラスの言葉も入らないのです。

自己啓発本を読んでも変わらなかった理由は、自分自身でを自分で大切にしたり、愛する事が出来ない状態だったからです。
ですので、自分を大切に出来たり、愛せるようになってから、もう一度読んでみると、とても効果のある本になると思いますよ。

 

自分を大切にするって何?

そもそも自分を大切にするとはどういうことか分からなくなってしまっている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

自分を大切にするのが難しいと感じるのは、大切にする方法を学んでいなかったり、辛い経験により、その方法をしらないまま今日まで来てしまったことが原因である事があります。

イジメや虐待にあった方は、もちろん。悲しんでいるときに笑われたり、馬鹿にされたりした経験があったり、泣いてるときに受け入れて貰えなかったりすると、ネガティブな感情を感じていいと思えなくなってしまうのです。

自分を大切にする方法は、自分の感じるままの気持ちを素直に感じてあげられる事です。
「怒り」 「嫉妬」 「不安」 「寂しさ」 「悲しさ」 「悔しさ」 他にもあまり好かれない感情は沢山ありますが、こういった感情をいくら嫌っても、消えないですし嫌うと余計に強く感じたりします。

嫌いな人ってどこにいるのかすぐに気づいたりしますよね?

意識が向いてしまう。だから、どこにいるのか見えた瞬間心に反応が起きたりします。
だから、感情も嫌うと強く出てしまい意識を向けるので余計に辛く感じたりしてしまうのです。

これは、あるクライアントさんに実際に起きた話です。
その方は、幼少期に性的な虐待を受けました。大変つらい経験をされていらっしゃったのですが、本人は夢に出てくるまで、その事を忘れて過ごしていたそうです。

カウンセリングにいらっしゃった時には、とても強い感情の抑圧を感じました。なぜなら、その方はほとんど本音を言えない状態でした。
私「それは、とても辛い経験でしたね。話してくださってありがとうございます。」
ク「いえ…あの。実はあまり辛くないんです。普段は楽しいというか…それなりの日々を送っていますので…」
私「今回、カウンセリングにお越しいただいたのは、どんな事を解決したいと思われたのがキッカケですか?」
ク「あの。普段は元気なんですけど…時々死にたくなるような気持ちになったり、最近は悪夢にうなされてしまって…」
私「どんな悪夢ですか?」
ク「実は、幼少期の虐待の夢なんです…」
私「それは、とても嫌な夢ですね。どのくらいの頻度で見られているのですか?また、きっかけがあったら教えて下さい」
ク「こちらでセルフセラピーカードリーディングをしていただいた時に【隠された自己】という問題カードが出たんですけど…そのカードについてあれからよく考えていたら…何か恐ろし気なイメージが浮かんできて、そのイメージが虐待した父親だと気付いてしまってから、解決した方がいいと思う様になりました」
私「では、今まではそういった悪夢も含め恐ろしいイメージもなかったのですか?」
ク「そうです……でも、本当は感じていたかも知れません。ただ、感じると胃がキリキリ痛む感じがあって、考えない様にしてきた気がします。」

このように普段から感情を感じる事に恐れを感じていらっしゃる場合は、自分の素直な感情に気付きづらく、この方のように、自分の感情を心の中に閉じ込めてしまっていると、普段は元気に生きられていても、あるきっかけや何かの刺激で、死にたくなるという状態で知らせてくれることもあるのです。
この方は、自分が虐待を受けた事で家族を傷つけてしまったと、間違った価値観が「罪悪感」を生み出し、あるがままの自分の感情を感じる事への恐れに変わってしまう事が更なる生き辛さになってしまっていました。

感情は一つだけではなく、いくつも絡み合っていたりすると、自分では分かり辛くなってしまい、自分でもネガティブな感情がどうして起きるのか、大切にしたいと思っても自分をどう大切にしていいのか分からなくなってしまう事もあります。

一つづつ、ひも解いていくと、この感情の下に本当のこの感情があった。この本当の感情の下にこの感情を感じる恐れがあったというように出てきて気持ちが整理でき、自分を大切に出来るようになる事が多くあります。

 

ネガティブな感情にもプラスの点がある

不安感・焦燥感・孤独感・悲しみなど…嫌だな~と感じやすい感情にも実はプラスの役割があります。
不安感があるから、準備したり確認したり慎重になったりして自分の身を守る事が出来ます。
焦燥感があるから、人は「このままではいけない」と感じ問題を解決しようという気持ちになれたりします。
孤独感や寂しさは自立心を育てると共に、人とつながる喜びを教えてくれますし、
悲しみは痛みを知る事で大切にする心を育て、優しさを教えてくれます。
このように嫌っている感情には、その逆にあるプラスの面もあり、実はとても大切な感情たちなのです。

安心や喜びばかりでは、人は痛みを知る事や成長することはできませんものね。

こういったネガティブな感情を受け容れる事で、魅力のある人に成長していくのだとおもいます。

先ずは、カウンセリングで自分の気持ちの整理をし、その感情を受け容れられない原因を探し、その原因になったトラウマや価値観の書き換えをしてあげることで、あなたは自分を大切に出来たり、ありのままの自分に自信が持てるようになっていきます。

先ほどの虐待を受けたクライアントさんは、一度のカウンセリングで、今まで感じたことのないくらい安心感に包まれたそうです。5回のカウンセリングで「こんなに自分を感じてる事が嬉しいなんて、はじめてです!」と言って、卒業後に「今はイキイキと自分を表現する事を楽しんでいる」とメッセージが来ました。

あなたも気持ちの整理をして、自分らしく自分を表現する喜びを感じてみませんか?