恋愛依存・恋愛クラッシャーなどの人との境界線の問題

相手に依存しすぎてしまったり、破壊的な言動を繰り返すのはどうして?

「嫌われる恐れ」を感じて自分らしい行動や言いたいことを言えずに萎縮してしまったり
感情のコントロールが効かないなどの自分らしく生きる事の難しさは、幼少期や過去の人間関係の経験が引き起こすことがあります。
ありのままの自分では愛されないとどこかで経験していることが影響して、自分の気持ちや言葉を信用できなくなったり、相手を信じられなくなったり、自分の存在を信じられなくなってしまったり、生きている価値が分からなくなったりする事もあります。

  • ありのままの自分を表現できない
  • ついつい自分の意見を飲み込んで、相手に合わせすぎてしまう
  • 我慢するばかりで、いつもいい子を演じてしまう
  • 突然ものすごい怒りが込み上げてきてしまい自ら関係を壊してしまう
  • 依存的になってしまい何も出来なくて苦しい
  • 生きる気力がなくなり、死にたいと考えてしまう
  • 自傷行為を繰り返してしまう

    そんなお悩みを抱えていませんか?

    それは、無条件で愛して貰える。いつでもどんな時でも愛されているんだと感じられないまま大人になり、ありのままの自分では愛されないんだ!と傷ついた過去のあなたが心の中で怯えているからかもしれません。

    愛されているという安心感を経験してこられなかった事で、相手の望む私でないと愛されないという恐怖心が怒りや不安、無気力感、焦燥感になってしまっているのです。

過去に受け入れて貰えなかった経験をすると、またきっと私がありのままの自分を出すと、受け容れてもらえない…と自動的に構えてしまい、緊張感や不安感に襲われてしまうのです。

本当はとても傷ついているのですが、その傷を癒してくれる受け皿もない経験をしてしまったことで、どうにかこの傷に触れない様にと、良い子になりすぎたり、怒りや破壊行為で本当の感情を感じない様に守っているのです。

恋愛依存の方の場合は、私を愛してくれなくなるのではないか…と必死に相手を監視してしまったり、必要以上に相手の行動を把握してしまったり、一緒に居ない間に相手の気持ちが自分から離れてしまうのではないか…などと不安と恐怖でいっぱになり、落ち着かない時間を過ごしてしまうのではないでしょうか…

恋愛クラッシャーの方の場合は、ありのままの自分を受け容れてくれてないんじゃないか…と感じると、悲しみが襲って来てしまい、相手に対して、「もう!あなたなんていらない!」と怒りを表現してしまう。
何故怒りなのかと言うと、悲しみという辛い感情よりも、怒りはエネルギーが大きくパワフルですから、強くなった気持ちを感じさせてくれるからです。

落ち着いた後に、どうしてあんなことで怒ってしまったんだろう?相手を傷つけてしまった。と罪悪感に襲われ、ますます自分を信じられなくなるという悪循環が起きてしまうのです。

恋愛依存も恋愛クラッシャーも根底にあるのは、実は同じ「ありのままの自分を愛されない」という辛い経験からなのです。

自分の意志で変えよう!としても出来ないのには理由がある

何度も同じことをして、もうあの人を信じよう!愛されているのは分かった!と自分に言い聞かせても、また繰り返してしまい。本当に自分はダメだな…と余計に傷ついたりしたのではないでしょうか?

どうして変えよう!変わろう!としているのに変われないかというと、それは心の仕組みにあるのです。
先ほど、過去のあなたがありのまま愛されなかったという経験をしたからだ。と言いました。
実は、過去のデータを保管しているのは潜在意識と呼ばれる部分です。
人の心は2つある。あるいは、もう一人の自分という存在の話を啓発本なんかをお読みの方は聞いたことがあると思います。

このもう一人の自分とは、通常意識できないところであなたに大きな影響を与えている存在です。
それが潜在意識…潜在意識は生まれてから今日までの記憶を保管してくれています。
その保管したデータを使って、現在のあなたの行動を決めてくれるのです。
その証拠に、あなたは学生時代に聞いていた音楽を聴くと、その時の気持ちやイメージが浮かんでくるという経験をしたことがあるのではないでしょうか…
普段は思い出さない記憶のデータも潜在意識には残っているのです。

そんな素晴らしい機能を持っている潜在意識は、100%あなたの味方です。
あなたを苦しめるような経験は嫌なんです。だから、あなたを守ろうとして、もう傷付かない様に、あなたに依存行動や破壊的な行動をとらせてしまうのです。
ですが、冷静になった時意識のあなたは、彼はそんな人じゃないのに…なんであんなことしてしまったのだろうと自己嫌悪と罪悪感に襲われるのです。
不安や恐怖心は悪いもののように感じてしまいますが、この感情がないと私たちは自分の身を守れません。
毒蛇に遭った時に、怖い!と感じなかったら、逃げたり戦ったりして自分の身を守れない事になってしまいます。
この毒蛇と同じように、あなたの中で過去にありのままを受け入れて貰えなかったという経験が、現在の恋愛関係で再現されると、反射的に怒ったり、依存的になって追従してしまったりしてしまうのです。

潜在意識は意識の力よりずっと大きな力があり、意識では潜在意識には勝てない仕組みがあります。

潜在意識の影響力が90%だとすると、意識はたったの10%の影響力しかありません。
この意識の力だけで変わろう!としてきたから、変われなかったのです。

 

ありのままで愛されるを感じられるカウンセリング・心理療法

ありのまま受け容れて貰った!愛された!と感じられずに育った私は、どうしたらいいの?と不安になられたかと思います。
私自身が、恋愛依存症…恋愛クラッシャーでした。いろいろなカウンセリングを受けましたが、「人を信用できないんだね」と言われて、具体的にどうしたらいいのかが分からず、長いこと苦しんできました。
ですが、この潜在意識の法則を知ってから、どちらの症状もなくなり、自分を本当の意味で大切に出来るようになりました。
そんな私だから出来るカウンセリング・心理療法があります。

私は素晴らしい存在だ!と自尊心を取り戻し、自分との信頼関係を築き過去の傷付いたあなたの気持ちを整理し、自己愛を育ててあげたり、認めてあげたりすること、本当の気持ちを安心できる場所で話してみるという体験や受け入れて貰えるという安心感を体験することをカウンセリングや心理療法を通して行っていきます。

 

あなたが自分の気持ちを大切に出来るようになることで「愛されている」と感じられ、安心できる人間関係を築けるようなカウンセリング・心理療法を施術しています。

お電話でのお問い合わせは 055-288-0948