注目キーワード

なぜ蛙化現象が起きてしまうのか

蛙化現象とは

蛙化現象、という言葉を皆さんは聞いたことあるでしょうか?

 

蛙化現象とは、片思いやアプローチ中は相手のことが大好きで長所しか見えなかったのに、振り向いてくれたり、相手も自分に好意を持っていると分かった途端、今まで大好きだと思っていた相手に興味を失ったり、気持ち悪く感じたりすることを意味する言葉です。

ほとんどの場合は、相手が何かしたなど…明らかに嫌いになる理由がないのが特徴です。

蛙化現象になった事がない人からすると、理解し難い事が沢山あると思いますが、幸せな恋愛をしたいと願うのにそれが叶わない。

その理由が自分でもわからない事で、不安になったり、悲しみを抱えている方が多くいらっしゃるのです。

この蛙化現象という言葉はグリム童話の「カエルの王さま」から来ているそうですが、この物語との違いはカエルが王子様になりお姫様と結ばれる幸せなストーリーなのに対し、蛙化現象は王子様のように好きだった相手をカエルのように気持ち悪く感じ出してしまうという逆の現象になってしまいます。

 

実際にどのように悩んでいるのか

この現象で実際に悩んでいるという方達にお話を聞かせて頂きました。

その方は恋愛に対して、両思いがゴールだと思ってしまっている事もあるようで、相手の好意がこちらに向くとそれ以上、相手に対して興味がなくなってしまい、会話もしたくなくなってしまって今まで時間さえあればすぐ返していた連絡の返事もほとんどしなくなってしまうそうです。

それどころか、相手から向けられる好意や感情も、好きじゃない相手と付き合っている感覚がしてしまい全てが気持ち悪くなってしまう。そしてそれと同時に「自分は恋愛に向いていないのかもしれない・・・」という不安感や「自分は最低だ・・・」と自責の念に駆られてしまったり、相手に対して申し訳ないという強い罪悪感も持つのです。

「毎回恋愛に対してそうなってしまうのか?」と質問させてもらったのですが、

「付き合ってすぐに相手と関わりたくなくなってしまう事もあるのですが、相手の事を好きだという気持ちが強すぎてしまうときも恐れが大きくなってしまい、大好きだった相手と関わる事が出来なくなってしまう。相手が何かした。とか相手に問題があるのではなく、自分でも何故そういう状態になるのか分からないんです。」と答えてくれました。

蛙化現象に苦しんでいる方達の皆さんが、同じ状況や感情ではないと思いますが、この現象で苦しんでしまっている多くの人が抱えてる感情は、「相手の事や好意を気持ち悪く感じてしまう」ことにより、そんな自分に対して罪悪感を抱えてしまったり、恋愛に向いてないのではないかと、自分を責めてしまう事が多いのではないでしょうか。

 

なぜ蛙化現象になってしまうのか

では、蛙化現象になってしまう原因は何なんでしょうか?

蛙化現象を起こしてしまっている方のお話しを聴かせて頂くと、

  • 恋人に裏切られた。
  • ひどい振られ方をしてしまった。
  • 親御さんがとても怖かった。
  • 親御さんがケンカばかりしていた。
  • 機能不全家庭だった。
  • 幼少期から愛を信じられない家庭環境だった。

などのように、

過去の恋愛で傷つく経験をしてしまうと、男性に対して警戒心を持ってしまったり、愛される事に恐怖心を抱くようになってしまっていたり、幼少期の愛情飢餓から、恋愛に対して不信感があることで、蛙化現象が起きてしまうことの原因の背景にあるのです。

 

それ以外の原因にリスロマンティックというセクシャリティを持っている方もいらっしゃいます。
リスロマンティックとは、相手に恋愛感情を持つのですが、その相手から恋愛感情を持たれる事を望まないセクシャリティのことです。

それも一つの愛のカタチですから、それで苦しみを感じていなければそれのままで素敵なのです。

 

蛙化現象に悩んでいる方の多くは「相手の望むいい子でいなければいけない」という価値観を持っています。

幼少期のトラウマがある方は、親にありのままの自分を受け入れて貰えた経験が少なく、

「ありのままの自分は受け入れてもらえない。」「人に本当の自分を見せてはいけない。」という価値観が出来てしまい。寂しさの中で生きてきたけれど、恋人が出来た時に…
「この人になら受け入れてもらえるかもしれない」と期待し、交際をスタートさせ、ありのままの自分を出してみるのですが、恋人の態度が冷たかったり、浮気されたり、騙されたりすることで心に傷を負ってしまうような別れれ方をしてしまうと、その怒りやショックを受け容れきれず、本当はその相手に向けられていた感情は、行き場を無くし、自分に向いてしまう事があるのです。

別れた原因が自分のせいだと思ってしまっている場合や、こんな寂しがりの自分は受け入れてもらえないんだ・・・ と傷ついてしまったり、「愛されなかったのは自分の〇〇がいけないからなんだ。」と、自分を信じられず、自分を怖れてしまう事があります。

そして、何度か信じよう!と、頑張って恋愛をしてみるのですが、「ありのままの自分を出すと嫌われるのではないか…」と自分を信じてあげられない事で、恐怖心や警戒心から、素直に自分を出せない恋愛になってしまい、偽りの自分でいることが苦しくなってしまうので、その苦しさから「私を愛する人は気持ち悪い!」と悲しい傷により、相手から離れようとしてしまいます。

実はこの心理状態は、潜在意識からすると深い愛があるのです。
潜在意識は何が何でもあなたの味方です。そして過去に起きた経験から学習し、あなたを守るのが仕事です。

「恋人を好きになると深く傷つく…怖い」と思っていて、もう二度とそんな思いさせてはいけない!と、愛情をセーブさせてしまうのです。

もしかしたら、あなたは「なんでこんな事がおきるのだろう??」と…理由が分からない事で、自分をますます責めてしまったかも知れませんが、傷つく経験をしたことがあったら、怖くなるのは当たり前ですよね。

決して、あなたが愛情が無い人などということではなく、むしろ大きな愛情を受け止めてもらえなかった悲しい経験からの心の傷なのです。

リスロマンティックの方も、「自分の愛のカタチは人には理解されない…」などの否定的な価値観で苦しんでしまう事があります。

 

蛙化現象を改善するためには

蛙化現象を克服する為には、まず過去の「ありのままの自分が受け入れられなかった」悲しい経験により、傷ついた心を癒す事がとても大切になります。

「しばらく恋愛をやめてみるといい」と恋愛からはなれてみても、また恋愛をし始めると同じ事の繰り返しになってしまう方が多くみられます。根本的な心の解決になっていないので、何度も繰り返し起きてしまう事で、深い傷になり自信喪失してしまうのも、とてもお辛い事です。

そして、自分にある悲しい価値観の書き換えをしてあげることが出来ると、幸せな恋愛をすることが可能になります。

例えば、「愛される価値がない」とか「ダメな自分を心から愛してくれる人などいない。」などのような価値観がある場合は、その価値観を崩壊してあげる必要があります。

その価値観は、あなた自身が問題で起きたものではありませんから、その事を潜在意識レベルで知る事が出来ると、あなたも幸せな恋愛を育んでいく事ができるようになっていくことでしょう。

蛙化現象は「ありのままの私を受け容れて欲しい。」「ありのままで愛されたい!」と願いながら、心の中で怯えているもう一人の自分があなたを守ろうとして起こしてしまっているだけなのです。

この現象で悩んでいる方は「私は誰にも愛されていない」と悲しい想いをされているのだと思います。

あなたらしく生きれるよう、そしてしっかりと愛を感じられるようになり、幸せな人生を歩めるように、過去の悲しい経験を解決するための方法があります!

当カウンセリングでは傷の癒しから価値観の書き換えまで出来るようにサポートさせて頂きます。

また過去の傷を癒すためのカウンセリングや心理療法など、一人一人に合った方法をご用意しております。

今まで辛い思いをしてきたあなたに「幸せです」と笑って欲しい。

お一人で抱えて不安でしたね。どう解決していいのかも分からないと、先が見えず「自分には無理だ」と、諦めてしまわれる方もいらっしゃいます。

一緒にあなたの「幸せな恋愛が出来る未来」のお手伝いをさせて頂ける事を嬉しく思います。

 

それでは、あなたにお逢いできることを心よりお待ちしております。

お電話でのお問い合わせは 055-288-0948

心の 陽のあたる場所ホームページ
https://hinoatrubasyo.com

YouTube 心の陽のあたる場所チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC6bgB8AakOkW02NcgomOjdQ/