アダルトチルドレンとは

 アダルトチルドレンは、略してACとも呼ばれます。

アダルトチルドレンの初期の意味は「アルコール依存症の親のもとで育ち、すでに成人した人々」
(Adult Children of Alcoholics, ACA, ACoA)を指す言葉で、1970年代アメリカの社会福祉援助などケースワークの現場の人たちから発生した概念です(医学的な診断名ではありません)。

さまざまな変遷を経て、現在のアダルトチルドレンの概念は「機能不全家族で育った人」
(Adult Children of Disfunctional family, ACD, ACoD)へと広がっています。

子どもにとって一番安全で一番安心な場所は家庭です。

アダルトチルドレンは、機能不全の家族のなかで育ち、そのためにさまざまな人間関係の問題や生きづらさを感じている人たちのことです。

生きづらさを感じているという事は、心の傷が生じているという事です。
心の傷が生じるということは、あなたにとって満たされない出来事があったと言うことです。

子どもの感受性は非常に敏感です。時に人は辛いことに当たり前にしてしまうことで自分を守ったり、自分を犠牲にすることで辛い環境を生き抜いていたりすることがあります。

虐待があった場合は尚更のことです。

身体的虐待は、躾(しつけ)と称してお尻をたたくこと、長時間閉じ込められたり、寒い屋外に長時間ほり出されたことも含まれます。

精神的虐待は、言葉による暴力、恫喝される、無視される、否定される、自尊心を踏みにじる、大事なものを捨てられるなどです。

また、過度な期待や子どもとしての役割以上の役割分担なども、結果的に精神的虐待です。

性的虐待は、わいせつな行為をさせたり、見せることです。
異性の親が変な視線で見ること、お風呂で身体を洗うと称して嫌がることをすることも含みます。

このような家庭では子供の自尊心を奪い支配と暴力が愛だと教えられます。またそのような虐待を受けていないのに生きづらさを抱えてしまう場合があるのはなぜでしょうか?

心の傷を抱えやすい家庭の特徴

  • 身体的虐待があった。
  • 性的虐待があった。
  • 精神的虐待があった。
  • 家庭内が不和であった。
  • 家庭内に怒りの爆発がよくあった。
  • 無関心などの愛情が欠如した寂しい家庭であった。
  • 「ダメな奴だ!」「気持ち悪い!」などの人格や尊厳が否定されるような行動や言葉がある家庭であった。
  • 傷つく言葉を言われる家庭であった。
  • 「こうなったのはお前が悪い」などの、罪の意識をうえつけられる家庭であった。
  • 「お前なんて役に立たない存在だ!」などの、なんらかの脅しがある家庭であった。
  • 「このことを他人が知ったら大変なことになる!」など、家庭内で起こっている問題を外で話さないように言われる家庭であった。
  • 「言う事をきかないなら、もう知らない」などの見捨てられることを言われる家庭であった。
  • 「お兄ちゃんは勉強ができるのに…」など、他人や兄弟姉妹とたびたび比較される家庭であった。
  • 「私の言うことを聞いていればいいの!」など、親の思い通りに制御される家庭であった。
  • 「あなたは素晴らしい子なんだから、私を助けてくれるわよね!」など親の期待が大きすぎる家庭であった。
  • 「そんな事したらご近所に何を言われるか分からないからやめて!」など、他人の目ばかりを気にする、表面だけよくふるまう家庭であった。
  • 多くの秘密がある家庭であった。
  • 「ブス!」「デブ!」など、容姿をからかわれることがある家庭であった。
  • 「お前なんて生まなければ良かった!」など、自分の存在を否定された家庭であった。
  • アルコール・ギャンブル・ドラッグなどの依存症や共依存の者がいる家庭であった。
  • 今日は良いが昨日はダメで怒られた。など、親の勝手で家庭内ルールに一貫性がない家庭であった。
  • HSPの気質がある  等が挙げられます。

  →HSPについてはこちらのページをご参照下さい。

虐待とまではいかなくても、あなたの心が傷ついていたり、生きづらさを感じている場合は、何かしらの心の傷を受けていて、その傷が癒えていない可能性があります。

アダルトチルドレンは何故生き辛いの?

幼い頃から自分をありのままの自分を表現することが許されなかったり、条件付けの愛で親の都合に振り回され、安心を奪われ、過度な我慢と大人になる事を無理やり強いられ、いつ怒られるか…と不安を感じたり、ひどい場合には死を覚悟したりすることなどが家庭内で度々あると自尊心や自己価値が低くなってしまいます。

どんなに頑張っても認めてもらえず、叱られてばかりだったり、親の都合で子供のあなたを不当に扱ったり、尊重されず…とても悲しかった経験をすると、それがあなたの現実の見方をネガティブなものにしてしまいます。

子どもの頃の家庭は、人間関係を学ぶ初めての場所です。
その経験が基盤になり、大人になった現在も人間関係を形成していくのです。大切にされる喜びを感じられず、愛されているという安心感や、あなたを大切に思う愛情で守られている。という安らぎを感じられなかったら、誰も信用できず、この世でたった一人で自分を守りながら生きていかなくて行けない状態になり、恐怖と不安と孤独感で不安定な心の基礎になってしまいます。

そんな状態で世の中に放り出されたアダルトチルドレンは、「いつでも守ってくれる安心感」という後ろ盾がない状態で歩いていかなくていけないのですから、生きづらくなって当たり前です。

決して幼い頃のあなたが悪かったわけではありません!

あなたが育った環境があなたを苦しめ、辛さを感じた経験が多くあったがために、自分を愛する。大切にするという自尊心が奪われ、あなたの尊さや自己価値を失わせてきたのです。

あなた自身は本当に素晴らしい存在であるという事は、ひどく辛い目に遭った今でも変わらないのです。

あなたは弱い自分や情けない自分がいけないからだ!と感じてしまっているかも知れませんが、問題なのは、親の都合で押し付けられた価値観や古い価値観が、今もなお心の中であなたを縛っている状態です。

「誰も信用するな!」 「お前はダメな奴だ!」 「お前なんて要らない!」…など。
これらの言葉は、親があなたをコントロールしようとして掛けてきた身勝手な言葉です。

そして心優しかったあなたは親を無条件に愛し、大切にしたくて、親の期待や気持ちに応えようと必死に頑張ってきたのです。

そんなあなたの尊い愛に気付いてもらえなかったり、応えてもらえず、悲しみや打ち砕かれた経験を何度も何度も繰り返すうちに出来た無意識下の価値観が、大人になってからも繰り返されることで、あなたらしい人生を奪ってしまうのです。

周りのみんなと同じことが出来なかったのは、周りのみんなよりも辛い経験や辛い状態があったからです。

あなたが劣っているからではなく、嫌われない様に顔色を常に伺わなければいけなかったり、馬鹿にされない様に自分を必要以上に大きく強く見せなければいけなかったり、怒られない様に自分を下に見せたりしなければいけないような心の状態では、あなたが使いたい所に使えなくなってしまいます。

そのせいで、仕事でのミスが増えてしまったり、伝えたいことが伝わらず悲しい思いをしたり、人から大切に扱ってもらえなかったり、信用することが出来なくて人との繋がりが持てなくなってしまったりします。

人の心は複雑ですが、人が究極的に求めるのは「愛」です。
その愛を感じられず、たまに親の喜ぶことをした時だけに感じられる「条件付けの愛される喜び」だけを与えられてしまうと、人の問題まで抱える事になり、全くあなたの問題ではない時にでも、人を喜ばせようと頑張ったり、怒こらせないように過度に顔色を伺ってしまったりして、あなたは自分に鞭打ち自分の気持ちや本音を抑え込み、他人ファーストで頑張ってしまうようになってしまうのです。

「条件付けの愛」から「ありのままの自分で無条件で愛される」安心感や受け容れられる安心感などを、今度は人の為ではなく自分に使ってあげる事で、あなたに入り込んでしまっている古い価値観から解放され、やっと自分らしく生きられるのです。

私自身もアダルトチルドレンを克服した経験者です。

 →代表カウンセラー柳田 真末のプロフィール

実は、アダルトチルドレンの回復には、アダルトチルドレンの経験者でないと分からない複雑に絡み合った心理状態があります。

 

本当の気持ちを感じるのにはとても勇気がいる

あなたは、「親に愛されたかった。」と素直に感じるのが難しいのではないでしょうか?

そんな事思っていたのかな? あんな親に愛されたくもない! 毒親に愛されても嬉しくない! 死んでほしいと思うくらい憎んでいる!などと感じてしまうのではないでしょうか?

それは、そんな事を感じて認めてしまったら、負けた気がする! 強く生きられない!という恐れからかも知れませんよね。

そして、幼少期に親を愛していた気持ちは少しも間違っていませんよね。あなたは親に対して愛を持っていたことで深く傷ついたかも知れないですが、あなたが親や周りの人を大切に感じ愛情を持った事はとても尊く素晴らしい感情です。

もし親への愛情を感じてしまったら、深く傷ついた。という気持ちが再び喚起され、あなたにとってとても辛いと感じる事になってしまうのかも知れません。故に、その尊い愛情を抑圧する選択を取らざるを得なかったのかも知れません。

「親への愛」を感じてしまったら、今まで築き上げてきた自分らしさが崩れてしまう恐れを感じたりするかもしれません。私もそうでした。自分の気持ちに素直になる事がとても恐ろしく、いつも怒りと無気力感しか感じられませんでした。

だって、どうせ愛されない相手に愛を感じても「空しいしバカバカしい!」と自分の感情を否定することで、なんとか強く生きようとしてきました。

このようにあなたの中には、とても複雑な気持ちが絡み合っているのです。

だけど…そんな経験を私もしてきたからこそ、これだけはあなたにお伝えしたい確かなことは、

あなたが感じた事は全て一つも間違ってはいなかったし、あなたの気持ちや愛情は全く悪くなかった!

という事です。例え、毒親でダメダメな親で傷ついていたとしても子供のあなたがそんな親を愛していても間違ってないし、まったく悪くない。大人になった今、親を殺したい程憎んでいたとしても感じた感情は悪くないし間違いではない。

無条件の愛を持つのは親ではなく子供の方なんです。だから、ただただ純粋にお母さん・お父さんを愛していた幼い頃のあなたはとても健全で正しい感情を持っていただけです。

子供からしたら親は絶対的な存在です。愛には憎しみや怒りもあります。愛情が深かった分憎しみに変わってしまう事はままある事で、それほどあなたは親に対して自分のキャパを超えて頑張ってきたんだということだと思います。

そして、どれほど期待しても、どれほど望んでもついには叶わなくて深く傷ついてしまったんではないかと思います。

そんな経験をしていても、生きやすくなる方法は必ずあるのです。

カウンセリングを通して、今現在の生き辛さとなっている原因を探し、心の傷が出来たときの感情や状況を整理することで、自分自身で心の状態に気付き、今の状態などを納得し選択しなおすことが可能です。

心理療法は、さらに心の奥底にある感情を整理するための手助けになったり、不必要になった価値観の書き換えや抑え込んで気付かなかった自分の本当の気持ちに素直になる事で、あなたらしく生きられる喜びを感じられる様になります。

  →心理療法について はこちらのページ

アダルトチルドレンカウンセリング

アダルトチルドレンは愛情飢餓が生じています。欲しかった愛情を貰えなかった事を悲しんでいたり、仕方ないとあきらめていたり、そんなの欲しかったと強がっていたりして、今の自分を保ってきました。

欲しかった愛情を叶えてもらえないが為に様々な場面で生き辛さや問題を抱えてしまう事があります。

未来への希望が持てなかったり・自傷行為・うつ症状・恋愛や夫婦の問題・職場などの人間関係・金銭問題・様々な依存症・金銭問題・子育て…本当に様々な場面でアダルトチルドレンは辛い思いをしなくてはいけなくなってしまいます。

幼少期大変な思いをしてきたのに、さらに大人になってまで辛い思いをして生きていかなくてはいけないのは理不尽さを感じますよね。

アダルトチルドレンカウンセリングは、あなたの本当の気持ちや感情を大切にします。そしてあなたが生きやすい方法を選択できるようにしていくために、かけられている暗示を解いていきます。

  • 幸せになってはいけない。
  • 人を信じてはいけない
  • 弱くなってはいけない
  • 本音や本心を感じるのはいけない事だ
  • 自分の事を話してはいけない
  • 楽しむな
  • 優しくあってはいけない
  • 人の期待に応えなくてはいけない
  • 自分を優先させてはいけない
  • ワガママ・自分勝手・自己中
  • 弱みを見せるな
  • 泣くな!    …などなどの暗示がかけられていて挙げればキリがありません。

正直に言います。本当は全部OKなのです。「こんな感情感じてしまうのは私が間違っている」そう思い込まされてきました。でも、それは親にとって不都合だったからであって、本当はそういうものをみんな感じながら生きているのです。

 

~こちらも合わせてご覧ください~

 
 
 
 

お電話でのお問い合わせは 055-288-0948