HSP 敏感過ぎる人の生きづらさ改善 カウンセリング

~HSP 繊細さん カウンセリング ハイリー・センシティブ・パーソン 感受性が高い 人の気持ちがわかりすぎる 刺激に敏感 新しいことが怖い 自責の念が強い 人の気持ちを優先してしまう~ 

HSPとは?

HSPとは、 アメリカの心理学者であるエレイン・N・アーロン氏が提唱した概念で、「Highly Sensitive Person」の略、 「人一倍敏感な人」という意味です。

感受性が高く、環境のあれこれにとても敏感なため生きづらさを抱えて生きてしまう事があります。
HSPの方は、他の人が気にしていないようなことを気にしてしまうため、人から「気にしすぎ!」 「繊細過ぎる」 「神経質!」などと言われる事が多く、そんな自分を否定しやすくなり、生きづらさを抱えて生きている事が多くあります。

HSPという概念は20年ほど前に出てきた概念であるため、未だに理解されない事も多く、また新しいものを受け容れるには時間が掛かってしまうものです。

そのため、「自分は人と違う」 「どこかおかしいのではないか?」などという不安と共に生きてきた。という方がとても多く、心の傷になってしまっている事があるのです。

またHSPの人は見えないものに敏感で、気持ちやその場の雰囲気など…その影響から非HSPには理解できないような事にも怯えてしまう方も多くおります。
生きづらさを沢山抱えながらも、その理由が分からない事で、ただただ「神経質なんだ」と責められてしまったり、「変な子だ」と受け容れて貰えなかったり、その優しさから利用されやすかったりして、とても傷つく経験を持ちます。

まだまだ「HSP」という気質がある事が世間には広まっておらず、わたしのクライアントさんも「初めて聞いた」とおっしゃる方がほとんどです。
先ずはHSPという気質を持つ方が人口の15%~20%程度いるのだと知って欲しいです。

性格と呼ばれるものには2つあり、生きてきた環境などでつくられる後天的な性格と、生まれた時からある先天的な気質と呼ばれる変える事の出来ない性格があります。
HSPは先天的な気質です。生き辛いのはHSPという気質を持っている本人のせいではないのです。

そして、HSPは優しさ以外の自分を否定しやすいのですが、その奥にある本音や本心をご自身が受け容れ、愛する事で、今まで生き辛さになっていたものが輝く魅力と変わっていくのです。

 こちらの記事も併せてお読み下さい

HSPによる生き辛さと、HSPによるトラウマの解消

 

 

先天的な気質の部分なのにカウンセリングでどうするの?

こんな疑問を感じられた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そうです。HSPの気質は変える事が出来ません。ですが、「HSP」いう理解がなかったことで、出来てしまった傷や抑え込まれてしまった自分らしさを取り戻し、どう生きるのかという事を学ばない限り、生きづらさは解消することが出来ませんし、自分の所為だと責めてしまってきた方たちは「自分の感情よりも人の気持ちや状況を優先してしまい。自分の本音や本心が分からなくなってしまう事」があります。

そうすると生き辛さに変わってしまうのです。
疲れやすいHSPは、人と会うのが億劫に感じる自分がいる。何とかしなくては…というお悩みを例にお話しします。

カウンセリングで「人と会うと気を遣いすぎてヘトヘトに疲れてしまっていた。」という風に自分に気付く事が出来たりします。そして、エネルギー切れになって、帰って来てからまったく動けなくなってしまい。そんな自分を「なんてダメなんだろう」などと責めてしまう事もよくある事です。

先ずは自分自身が何に対して敏感で何に対してエネルギーを使っているのかを知る事が必要になります。
音に敏感な人もいらっしゃいますし、感情や雰囲気などに敏感な方、食べ物などの影響を受けやすい方。匂いに敏感な方、場所などのエネルギーに反応してしまう方など、HSPの特徴を複数持っている方や、特徴のなかでも一部だけが当てはまる方など、お一人お一人お顔や指紋が違う様にその特徴の出方も多種多様です。

カウンセリングでは、自分が今感じている生き辛さについてお話を聴かせていただき、どの様にするのがベストなのかをあなたに合わせた方法で探していきます。

また、誤解などから傷ついてしまっている部分は心理療法で癒したり、自分を責めていらっしゃる部分の価値観の書き換えを行ったりします。

HSPの主な特徴

HSPは大きく分けて3つの敏感があります。
・五感が敏感な方…光や音への反応などの身体感覚に敏感さが出ている方。
・共感性が高い方…人の気持ちが自分の気持ちのように感じ過ぎてしまう方。
・洞察性が高い方…物事を理解する力が高く1を聞いて10を理解してしまうような方。

この3つの敏感さがバランスの良く出ている方もいらっしゃれば、五感が強く共感性が低いという方ように何かだけとても敏感さが出ていらっしゃる方もいます。

HSPと一言でいっても色々な敏感さがあるため、HSP同士でも違いがあって当然なのです。

HSPの方には以下の特徴が多くあります。全てに当てはまる訳ではありません。

  • 感覚に強い刺激を受けると容易に圧倒されてしまう
  • 自分をとりまく環境の微妙な変化によく気づく
  • 他人の気分に左右されてしまう
  • 痛みにとても敏感(歯医者が怖いなど)
  • 忙しい日々が続くと、動けなくなり、ひきこもりたくなる
  • 明るい光や強い匂い、ざらざらした布地、サイレンの音など五感の刺激に圧倒されやすい
  • 豊かな想像力を持っていて、妄想にふけることが度々ある
  • 騒音が苦手である(集中できなくなったり、イラついたり、怖くなる)
  • 美術や音楽に深く感動する
  • とても良心的である
  • 些細な事でもびっくりする
  • 短期間にたくさんのことをしなければならない時、イラついたり、混乱してしまう
  • 人が何かで不快な思いをしている時、すぐに気づくことがある
  • 一度にたくさんのことを頼まれると混乱したりしてしまう
  • ミスをしたり、物を忘れたりしないように、とても気をつける(指摘されたり、怒られるのがとても怖い)
  • 暴力的な映画やテレビ番組は見たくない(サイコスリラー系の映画が苦手)
  • あまりにもたくさんのことが自分のまわりで起こると、不快になり、落ち着かなくなる
  • 生活に変化があると精神が安定せず混乱する
  • 動揺するような状況を避けることを、普段の生活で最優先している
  • 大きな音や雑然とした状況など強い刺激に悩まされる
  • 学校などの集団生活に違和感が強くあったり、馴染めないなどの苦痛があった
  • 強い刺激を受けると食事が取れなくなったり、過食したりしてしまう。
  • 学校や仕事で、競争させられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できなくなる
  • 人と違うものを感じたり、人が気付かないような変化を感じやすく疲れる
  • 見えないもの(例えば気やエネルギー幽霊など)を感じやすい
  • 人の苦しみや痛みを自分のことのように感じて辛くなりすぎる
  • 他人から相談を受けやすく・攻撃にも遭いやすい
  • 自分の事より他人の事を優先してしまいやすい
  • 子供のころ、親や教師は自分のことを「敏感だ」とか「内気だ」と思っていた
     

 

ここには書ききれない特徴がありますが、主な特徴を挙げました。この特徴全てに当てはまる方もいらっしゃれば、いくつかの項目だけに当てはまるという方もいらっしゃいます。

 

アーロン博士は、感受性を「シャイさとは何か?」という観点から見直して再定義しました。そして、たくさん検証を繰り返した結果、こんな共通点を発見しました。

  • 100種類以上の動物で見られる。
  • 人口の20%に存在する。
  • 男女によって差はない。
  • 生まれ持ったものである。(後天的な環境によって身につくものではない)

博士は、これらの特徴をまとめて【感覚処理感受性】という概念を生み出した。しかし、持って生まれた性質とはいえ、そのような遺伝子があるわけではない。そこで、Highly Sensitive Person(高度に繊細な人)と命名しました。HSPは生き辛さというマイナスだけではなく、多くのプラスの特徴も持ち合わせています。

 

 

HSPのプラス点

HSPは人よりも敏感さがあるが故に、自分は人と違うんじゃないか…と劣等感を感じやすかったり、人と比べてしまい出来ない自分を責めやすくなる事で、トラウマが創られやすく生きづらさを抱えてしまう事があります。ですが、自分を理解し受け容れて生きられるようになると、とても素晴らしい能力として生きていく事が出来るのです。

  • 人の気持ちを察することが出来る方や洞察性に優れた方は、看護師さんや保育士やサービス業などの職業では、その能力が活かされることがあります。カウンセラーもまさに人の気持ちがわかる事や理解する力が求められる職業ですね。
  • 見えないエネルギーなどを感じ取る事が出来る方は、占い師やヒーラーなどの仕事でその能力をプラスに使うことも出来ます。

  • 食べ物に敏感な方はオーガニック食品や無添加の食品など、本当に体に優しい食べ物を人に伝える事もできます。

など…書ききれませんが、マイナスだと思っていた特徴を強みに活かすようになるとHSPは大きな能力を使って自分を活かしながら生きていけるようになります。

アドラー心理学のアルフレッド・アドラーは、人が幸福感を感じるのに3つの要素が必要だと言いました。

1つ目が自分を認め愛する気持ちの自己受容 
2つ目が他人を信頼する他者信頼
3つ目が自分は誰かの役に立てる存在だとする他者貢献

この3つが揃うと人は幸せを感じることが出来るのです。
1つ目2つ目はカウンセリングや心理療法で可能です。
そして3つ目の他者貢献が、そもそも備わっている自分の特性を活かして世間に貢献することが出来るとしたら、こんなに素敵な事はありませんよね。

こちらの記事も参考になさってみて下さい。
→自己愛や自己価値が低いと不幸になる⁉

 

自己受容が出来て、他者を信頼することが出来るようになると、HSPはイキイキと自分らしく生きられるようになっていきます。
HSPだからこそ出来る事はまだまだ沢山あります。その眠ってしまっている大きな能力を活かして、あなたが笑って生きていけるようになるには、先ずはご自身の傷や価値観を書き換えていく事で、あなたらしさを取り戻すことで大きなプラスになるのです。

HSPだから…とマイナスに捉えることなく、その優しさを自分に使い、思いやりを先ずは自分自身に向けてあげる。そして、自分が本当に感じている感情や本音を裁くことなく、受け容れてあげる事をしてあげましょう。

美味しいお茶を知らなければ、他人に勧めてあげられない。だから、先ずは自分自身を満たして幸せにしてあげていいんです。

HSPに必要な心理療法をご用意して、あなたにお逢いできること心よりお待ちしております。

 

お電話でのお問い合わせは 055-288-0948

Posted by hinoatrubasyo