不登校の子どもを持つ親が何をするべきか

不登校のこどもの親

不登校で先ずは一番感じるのは将来の不安だと思います。
よその子との比較や世間からの目も気になるかも知れないですよね。
私が体験したことを話しながら、どうやって乗り越え方を書いていこうと思います。

我が子の不登校

私自身も、我が子が不登校を経験していて、その時はとても悩みました。
「なぜ、こんなに大勢の子が普通に登校しているのに、私の子供はダメなんだろう…」と
登校する子供たちを朝見て、窓辺で泣いたこともありました。
親としてダメなんだ!と自分を責めたり、学校にいけない理由が分からない事で苛立ったり、子どもと毎日一緒に居るストレスもあったと思います。

それは全て私の不安からでした。

子ども自身、とても苦しんでいる事に私の不安が邪魔してしまい気付けなかった。
子どもに学校の話をすると泣いていたけど、泣きたいのは私の方だ!と子供の苦しみが私の苦しみに変わってしまっていて、問題をこじらせていたように感じます。

ある時、私は子供の心に一度向き合ってみようと決心し、子供に気持ちを否定せずに聞いてみた事がありました。

その為には、先ずは私の不安と向き合う必要がありました。
なぜなら、またイライラしてしまったり、否定したり、本当の意味で子供のありのままを受け容れる事ができない事を感じていたからです。
心理療法を使いながら、私の心と向き合うと、沢山の不安と本音がでてきました。
「誰もが認める素晴らしいお母さんでいたい」「カウンセラーの子供が不登校なんて恥ずかしい」などなど…

正直認めるのが辛い部分も沢山ありましたし、こんな事心の奥で思っていたんだ。と心理療法をしながら感じました。

自分の心がスッキリとした後、子供と話そうと決め、どんな気持ちを感じているのか?を聞くと

「不登校の自分はダメだと思うのに行けないの。行けよ!行けよ!って、いっぱい自分に言うんだけど行けないから、本当にダメな子供なんだと思う。みんな行ってるのに私は行けない。だから、そんな自分が大嫌いだよ」

不器用ながら、泣きながら話す言葉に、私はこんなに健気な心を追い詰めていたんだ。と気付きました。

“不登校の本当の敵は、親の不安なんだと。”

守ってあげるべき親が、子供の心を追い詰めてしまっていたと知った時、娘と一緒に泣きました。

子どもが生まれた時、何もできないあの赤ちゃんだった時、私が願ったのは笑顔をいっぱい見たい!だったのに、笑顔を曇らせてしまったと、大反省しました。

世間の目の恐怖

お友達のお母さんの何気ない言葉にとても怯えていました。
「○○ちゃん、どうしたの?」「○○ちゃんは元気?」心配して掛けてくれる言葉も恐怖でした。
だって、私の子供は、あなたたちの子供よりダメなんだから…
そう、誰も否定してないのに、私が一番自分と我が子を否定してしまっていました。
心の中で、ダメを連発していたのは私自身でした。

世間の目の恐怖は私自身が作りだし、私を怖がらせていたんです。

自己暗示(自分にかける暗示)毎日毎日かけていた暗示はまるで呪いのように酷い言葉でした。
その言葉が、周りの目や言葉のように感じて、周りの優しさや思いやりを受け取れずにいました。

この暗示は当カウンセリングで施術しているEFTというエネルギー療法で解くことができました。

その後は、娘の本当の辛さや苦しさを探して、娘の心と向き合う事ができました。

不登校は親も傷ついている

子どもの不登校で苦しいのは、もちろん本人ですが、親御さんの傷の大きさも計り知れないと思います。

なので、私は親御さんのカウンセリングから勧めています。
先ず、支える側がしっかりと支えられるように、自分を取り戻していく事が大切だと自分の経験からも感じているからです。

親御さんが受け止める準備が出来ると、子供も安心して自分をさらけ出す事が出来ると思います。
子どもが一番気持ちを伝えたいのは、カウンセラーではなく、親御さんだと思うからです。

つい否定する言葉が出てしまうのは不安や恐怖心からですし、信じたいのに不安が勝ってしまい、子供に学校に行けていないのは悪い!という言葉を、非言語の態度や言葉で伝えてしまう事で、余計にお互い傷ついてしまう。

学校に行けるのは、こどもにとっても嬉しいし親にとっても嬉しい。
それでも行けないのには、ちゃんと理由があります。
子どもなりに我慢していた事があったのかもしれない。
その気持ちに寄り添うことが出来たら、子供は安心してまた笑顔を取り戻してくれると思います。

現在の我が子は、周りの協力や理解の下で学校に通えています。

子どもは親御さんの理解が、何よりのパワーになります。
自分には大きな味方がいる。何かあってもいつでも頼れるお母さん(お父さん)がいる。

そう思える事で、心の基地ができ挑戦することが出来るようになるのです。

あなたにお会いできることを心よりお待ちしております。

お電話でのお問い合わせは 055-288-0948

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です